コルトーナとモンテプルチャーノ

ツアーは、美しいトスカーナの魅力を描いた映画「トスカーナの休日」の舞台コルトーナと、映画「トスカーナの休日」と「トワイライト/初恋」の舞台となったワインの里モンテプルチャーノを訪れます。

フィレンツェから高速道路を南下し約1時間30分強で、コルトーナに到着します。山の斜面にへばりついたように築かれたコルトーナの町の高台にあるサンタ・マルゲリータ教会から散策を始めます。中世の趣を残した石造りの建物が魅力的な家々が並ぶ坂道を下りながら、町の広場へと歩きます。古代ローマ時代から町の中心広場であった共和国広場には12世紀に建設された市庁舎が歴史を感じさせてくれます。また広場を眺める「トスカーナの休日」の主人公フランシスが絵葉書を書いたテラスにて、トスカーナの素晴らしさを描いた映画に思いを馳せます。町の司教区美術館には、フラ・アンジェリコの「受胎告知」や、ローマのシスティーナ礼拝堂の制作に携わりミケランジェロに影響を与えたと言われるルカ・シニョレッリの作品が収められています。中世の雰囲気溢れる丘上の町からは、美しいキアーナ渓谷を見渡すことができます。

コルトーナを訪問した後はモンテプルチャーノへ向かいます。途中、昼食を召し上がっていただきますが、お勧めレストランからお選び頂くか、またはご希望のレストランへご案内致します。

中世の佇まいが色濃く残る町モンテプルチャーノは標高約500mの高台に建ち、町からはキアーナ渓谷のすばらしい展望を見渡すことできます。ちょうど、コルトーナから見た景色を反対側から眺めることにあります。モンテプルチャーノの広場は、映画「トスカーナの休日」そして「トワイライト/初恋」の舞台となりました。広場にはフィレンツェのヴェッキオ宮殿を彷彿する市庁舎があり、そのテラスへ登ると(冬期不可)モンテプルチャーノの町並みと周りに広がる自然を鳥瞰図のように堪能できます。また、ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチャーノというトスカーナを代表する赤ワインを生産しており、町中にも歴史的なワイナリーが存在しており、樽の貯蔵庫を見学することもできます。ルネッサンス様式の邸宅が並ぶメインストリートには、陶器や革製品、オリーブオイル、パスタ、ワインなどのお土産屋、雑貨屋などのお店で賑わっています。

以上の全行程を、市認定ハイヤーNCC(運転手付き専用車)のメルセデス・ベンツにて、ライセンスツアーガイドであるeasyfirenze.com代表市川朋子がご案内致します。

ツアー料金(1名様/税込)

参加人数ドライバーのみ日本人ガイド同行
1名様395ユーロ455ユーロ
2名様200ユーロ225ユーロ
3名様140ユーロ160ユーロ
4名様110ユーロ125ユーロ
5名様95ユーロ105ユーロ
6名様85ユーロ95ユーロ
7名様75ユーロ
お問合せ・お申込み
お問合せ・お申込み