ブログ

今日の天気

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

キアニーナ牛ツアー

キアニーナ牛ツアーは、トスカーナの小さな村と、認定書付きのキアニーナ牛農家でビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ(フィレンツェ風Tボーンステーキ)を召し上がって頂くツアーです。

ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ(フィレンツェ風Tボーンステーキ)正真正銘のキアニーナ牛を食べることができるレストランは、キアニーナ牛自体が希少価値があるということもあり、実は意外と僅かです。そこでツアーは、キアニーナ牛の認定を受けた牛を育て、精肉、販売している農家を訪ね、農家産キアニーナ牛を味わっていただきます。

ツアーはまず、トスカーナの小さな宝石ルチニャーノを訪れます。楕円の形をした村は高台にあります。今もなお、バールからは地元の人々の話し声が聞こえ、それほど観光化されていない静かな石畳の上を歩くと、イタリアの小さな田舎町の本当の良さを感じることができます。目玉になる観光設備があるというわけではありません。しかしここで見つけることができるのは、昔の風情と、人々の人情という、イタリア旅行の本質があります。

小さな村を後に、キアニーナ牛農家へ向かいます。家族4代に渡り、キアナ渓谷でキアニーナ牛を育てている農家は、100%オーガニック農法を行っています。動物を育てるのに、オーガニックとは?と思いますが、この農家で飼っているキアニーナ牛、チンタ・セネーゼ(幻のシエナの黒豚)は、農家がオーガニックで作る小麦やとうもろこしなどのみを食べて育てられます。牧草を除いては、牛に与える飼料は人間が食べても安全なものなのです。

キアニーナ牛は、その白い色と立派な体格から、エトルリア人や古代ローマ人に神聖なる牛として勝利の行進や神への生贄などに使われていました。キアニーナ牛は世界で一番大きな牛の品種でもあります。子牛のときは茶色で、大きくなると陶器のような白色になり、頭部はほかの牛よりも少し眺めです。現在、イタリアではアレッツォ、ピサ、シエナ、ペルージャ、リエティで飼育されています。法律上は母牛がキアニーナ牛であるとキアニーナ牛と呼べますが、キアニーナ牛I.G.P.を名乗るには、両親ともキアニーナ牛でなければなりません。
農家で、キアニーナ牛飼育への取組み、キアニーナ牛とは?のお話を聞き、実際に牛舎を見学した後は、キアナ牛のステーキを召し上がっていただきます。どんなところでも食べたことのないような非常に柔らかく優しい味の肉です。肉でありながら肉でない感じさえする、感動の味です。本物の牛を見た後でそれを食べるのは残酷な感じがしますが、現場を垣間見ることで、大切に愛情を持って育てられた牛に、食べ物全般に感謝の気持ちが生まれます。

昼食料金の目安は、2名様の場合でアンティパスト盛り合わせとキアニーナ牛ステーキ1枚で合計100ユーロ強となります。その日のお肉のタイプの€/kgが異なりますので若干の差がでます。

食後は、ワインの里モンテプルチャーノの町を訪問します。モンテプルチャーノもまた、中世の趣が色濃く残る町のひとつで、ワインやペコリーノチーズのお店や陶器、革製品などのお土産屋もたくさんあり、トスカーナの休日の舞台になった町です。ゆっくりと散策して腹ごなしをした後は、一路、フィレンツェへの帰途につきます。

以上の全行程を、市認定ハイヤーNCC(運転手付き専用車)のメルセデス・ベンツにて、ライセンスツアーガイドであるeasyfirenze.com代表市川朋子がご案内致します。

ツアー料金(1名様/税込)

参加人数ドライバーのみ日本人ガイド同行
1名様420ユーロ480ユーロ
2名様210ユーロ240ユーロ
3名様150ユーロ170ユーロ
4名様120ユーロ135ユーロ
5名様105ユーロ110ユーロ
6名様90ユーロ95ユーロ
7名様80ユーロ
お問合せ・お申込み
お問合せ・お申込み

ブログ

今日の天気

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter