ブログ

今日の天気

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

フレスコ画の町パドヴァツアー

フレスコ画の町と呼ばれるヴェネト州の町パドヴァを訪れるツアーです。街中の多くの礼拝堂などで年代の異なる美しいフレスコ画が見られます。

ツアーはまず、聖アントニオ聖堂を見学します。アッシジの聖フランチェスコに続き人気のあるフランチェスコ宗派の聖アントニオは死後すぐに列聖され、聖アントニオ聖堂に眠っています。ヴェネチアの聖マルコ寺院を模したクーポラを持つ煉瓦作りの外観は落ち着いた美しさがあります。内部は想像以上の立派さに驚嘆します。そして、町のエルバ広場へ。14世紀初頭に広場にパドヴァ市により市庁舎兼裁判所が建造され、建物の上階には長さ約82m、幅約27m、高さ約27mの大きな広間があります。見事な四方の壁には330個に分割されたフレスコ画が描かれており、特に中世の占星術をテーマは非常に興味深いものです。

エルバ広場から少し離れたところに洗礼堂があります。キリストを中心に、使徒、聖人、預言者などが所狭しと描かれたクーポラ内部と、壁一面を飾るフレスコ画は見応えがあります。

パドヴァの数多いフレスコ画の中でも、最も有名で後世の藝術家たちに大きな影響を与えたのはスクロヴェーニ礼拝堂に描かれたジョットのフレスコ画です。ヨアキムとアンナの物語、マリアの物語、キリストの物語が描かれていますが、人々の表情、動作、全てにおいて新しい時代を切り開いた天井の青が印象的なフレスコ画です。

スクロヴェーニ礼拝堂に描かれたフレスコ画をはじめ、多くの見所があります。ツアーでは、お客様のご希望の場所を訪問して頂けます。ゆっくりと街散策も素敵です。

イタリアで2番目に古いパドヴァ大学には、16世紀末に作られた解剖室が残っています。これは世界で最も古い常設の解剖室です。「劇場」と名前が付く通り、6段の観覧席が設けられ、19世紀まではろうそく1本の灯と音楽の伴奏とともに解剖が行われました。

パドヴァ植物園は、世界最古の植物園で1997年に文化遺産として世界遺産に指定されています。3500種・約7000株の植物が植えらています。緑のオアシスは非常に興味深いです。

カフェ・ペドロッキは、18-19世紀に欧州で起きたカフェブームの中に生まれたバールです。イタリアでも最も有名な文学カフェの一つで、小説家スタンダールも通いました。ミント入りのカフェ、スタンダールのザバイオーネが有名です。

以上の全行程を、市認定ハイヤーNCC(運転手付き専用車)のメルセデス・ベンツにて、ライセンスツアーガイドであるeasyfirenze.com代表市川朋子がご案内致します。

ツアー料金(1名様/税込)

参加人数ドライバーのみ日本人ガイド同行
1名様540ユーロ610ユーロ
2名様270ユーロ305ユーロ
3名様185ユーロ210ユーロ
4名様145ユーロ160ユーロ
5名様120ユーロ135ユーロ
6名様105ユーロ115ユーロ
7名様90ユーロ
お問合せ・お申込み
お問合せ・お申込み

ブログ

今日の天気

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter