チヴィタ・ディ・バーニョレージョとオルヴィエート

死にゆく町チヴィタ・ディ・バーニョレージョと岩壁の上に建てられた町オルヴィエートを訪問するフィレンツェ発着プライベートツアーです。

車窓に広がるウンブリアの緑の大地を眺めながら、チヴィタ・ディ・バーニョレージョへ。この町の名前の由来は「バーニョ・デル・レ=王の温泉」といわれ、伝説によるとここで湧き出る温泉がロンゴバルドの王の傷を癒したということです。 天空に浮かんだような町は、岩棚にそびる、とてもユニークな姿をしています。町を支える岩棚は、火山灰などが堆積したこの地方特有の凝灰岩でできていて、年月とともに風雨で風化が進み、奇跡が起こらない限りいつの日か崩れ去ってしまう運命です。チヴィタ出身の随筆家であるブォナヴェントゥラ・テッキは、この町を“La città che muore”(死にゆく町)と表現しました。300メートルの長い橋を歩いて渡り、唯一残された門ポルタ デル カッセッロ(天守の門)をくぐり、町に入ります。

今ではほんの数世帯が住んでいるだけですが、荒廃した様子はなく、黄色が美しい凝灰岩作りの家々には花が飾られ、希有な運命が待ち受けているとはとても思えません。美しく維持・修復された町並みをあるいていると中世へタイムスリップしたかのようです。一方、町の反対側では、断層による岩石の粉砕と、地表の風化・浸食作用で作り上げられた、まるで月世界のような風景が広がります。

次に、オルヴィエートへ移動します。オルヴィエートのレストランにて、ご自由に昼食を召し上がっていただきます。お勧めのレストランのご案内、レストランのご予約やメニューのお手伝いを致します。

オルヴィエートは、凝灰岩の岩棚にそびえたつ中世の趣を残した町です。エトルリア人を起源とする町は、13世紀から17世紀にかけて建設された美しいドォウモを中心に、中世の数々の教会、館をはじめ、洞窟、井戸など様々な見所があります。

1527年から10年かけて造られた聖パトリッツォの井戸は、とても興味深いものがあります。1527年に起こったサッコ・ディ・ローマと呼ばれる神聖ローマ帝国軍によるローマ略奪におびえたローマ法王クレメンテ7世の命により、敵が町を包囲・攻略したときの水源対策として聖パトリッツォの井戸が造られました。248段の階段を下へ下へと降りていくのは、まるで暗闇の未知の世界へと足を踏み入れていくようです。しかし最後に、水源=生命の泉に出会うという、精神的な世界を旅するようでもあります。

もうひとつの井戸、カーヴァの井戸も見所です。1999年に発見されたカーヴァの井戸は、エトルリア時代のものと言われ、法王クレメンテ7世の命により拡大されました。深さ36mの井戸は、深さ30メートルの地点で、60cm×80cm大の長方形の通路が続き、その先は洞窟となっています。洞窟には、中世の時代の貯蔵庫とオーク樽作りの部屋や陶器工房後を見ることが出来ます。

ゴチック様式の美しい大聖堂は、1290年に建設が始まりました。ファサード(正面)には旧約・新薬聖書の物語がが見事な彫刻で表現されています。また聖母マリア様の物語を描いたモザイクが日の光に当たり金色に輝く様は、その彩豊かな美しさに感心します。中へ入り、右手奥(翼廊右側)には聖ブリツィオ礼拝堂があります。フラ・アンジェリコ、ルカ・シニョレッリなどが手がけた壁一面に描かれたフレスコ画は素晴らしく、必見です。教会翼廊左側にある礼拝堂には、ボルセナ湖のほとりの教会で聖体を分けるとキリストの血が流れたという「ボルセナ湖の奇跡」の際、キリストの血をぬぐった布が聖遺物として飾られています。今の教会はこの聖遺物を祭るために建設されました。

訪問先はお客様のご希望で決定致します。2時間で、2、3カ所が目安です。

館内に入らず、町中散策も可能です。昔ながらのお店の残るオルヴィエートの町はメインストリートの両側に伸びる小路も味があり、写真スポットの連続です。
町の至るところに見られる楽しい木製の作品は、工房ミケランジェリの作品です。この工房は5世代にわたり木材を使用した家具や置物を制作しています。工房のある通りもミケランジェリ通りと呼ばれています。

以上の全行程を、市認定ハイヤーNCC(運転手付き専用車)のメルセデス・ベンツにて、ライセンスツアーガイドであるeasyfirenze.com代表市川朋子がご案内致します。

ツアー料金(1名様/税込)

参加人数ドライバーのみ日本人ガイド同行
1名様480ユーロ540ユーロ
2名様240ユーロ270ユーロ
3名様165ユーロ185ユーロ
4名様130ユーロ145ユーロ
5名様110ユーロ120ユーロ
6名様100ユーロ105ユーロ
7名様90ユーロ
お問合せ・お申込み
お問合せ・お申込み