今日の天気

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

サッビオネータとマントヴァツアー

2008年に新しく世界遺産に指定されたサッビオネータマントヴァを訪れます。

まずはルネッサンス建築様式が最も具現化された町サッヴィオネータを訪れます。サッビオネータは16世紀にマントヴァのゴンザーガ家の傍系に当たる公爵ヴェスパジアーノ・ゴンザーガ・コロンナの命によりルネサンスの理想郷として、約35の年月を経て造られました。「小さなアテネ」と呼ばれるこの町は、六角形の城壁に囲まれ、ゴンザーガ公爵の住まいであり政治の中心であったドゥカーレ宮殿、フレスコ画が美しい庭園宮殿、ゴンザーガ家の霊廟であるベアータ・ヴェルジネ・インコロナータ教会、ヴィンチェンツォ・スカモッツィが設計した劇場などがあります。スカモッツィの劇場は、既存の建物を利用せずに造られた、現代ヨーロッパで最初の劇場です。

昼食は、マントヴァで自由に召し上がっていただきます。(ご希望でオススメのレストランにご案内しメニューをお手伝い致します。)マントヴァ料理は「君主のための料理であり、庶民の料理でもある」と言われています。庶民が食べる伝統的な料理に、ゴンザーガ侯が気に入るようなデリケートさを加えたものということです。マントヴァの名物は、かぼちゃのトルテッリに、リゾット・アッラ・ピロタ。ピロタ風リゾットというのは、米を脱穀する際に使うピラと呼ばれる乳鉢で、精米業者がピラ(乳鉢)で脱穀した米をすぐに料理したことからピロタ風と呼ばれるようになりました。普通のリゾットは違うゆで方で作るリゾットは、サルチッチャとパルミッジャーノでマントヴァ風に。または、スープ風トルテッリのスープがランブルスコワインであったり、煮込み肉をマントヴァ風のモスタルド(からしが入ったフルーツのシロップ煮)でと、マントヴァは食が豊富です。

食後はマントヴァを観光します。ジュゼッペ・ヴェルディのオペラ「リゴレット」の舞台としても有名です。マントヴァは、13世紀から16世紀にゴンザーガ家が領主として栄えます。ソルデッロ広場には、ゴンザーガ家の住居でもあった公爵宮殿があります。宮殿は、サン・ジョルジョ城、旧宮殿、新宮殿の3つの建物が其々、大小の中庭を挟んで廊下で繋がっています。マントヴァと言えば、ゴンザーガ家に嫁いだマントヴァ侯爵夫人イザベッラ・デスの存在も忘れてはなりません。彼女は、マントヴァの宮廷を芸術の宝庫として盛り上げた美の保護者でもありました。イザベッラ・デステの名は、文化・政治・科学とあらゆる分野で功績のあった世界中から選ばれた女性に与えられるイザベッラ・エステ賞として、現在も行き続けています。レオン・バッティスタ・アルベルティにより1494年着工のサンタンドレア教会には、マンテニャーノの墓があります。ドゥカーレ宮殿を後にテ宮殿を訪れます。

500を超える部屋数を持つ建物を覆う全体の屋根をあわせると、欧州でヴァチカンの次に広いと言われる宮殿内にある数多くの部屋は素晴らしいフレスコ画で飾られ、ゴンザーガ候の宮廷画家として活躍したアンドレア・マンテーニャが遠近法とだまし絵を用いたフレスコ画で飾られた「夫婦の間」は必見です。特に「ソット・イン・ス」と呼ばれるイルージョン(だまし絵)の天井画は素晴らしく、だまし絵の最初の例と言われています。

テ離宮は、フランチェスコ2世・ゴンザーガとイザベッラ・デステの長男であるマントヴァ5代目侯爵(1代目公爵)フェデリコ2世がラファエッロの弟子ジュリオ・ロマーノに命じて建築させたマニエリスム様式の宮殿です。調和のとれたルネッサンス様式の次の時代に流行したマニエリズム様式はその奇抜さで訪問客を魅了します。壁一面に描かれたオリンポス山の神々と巨人族の戦いのフレスコ画は大変迫力があり、まるで戦いの音や巨人の叫びが聞こえてきそうです。

以上の全行程を、市認定ハイヤーNCC(運転手付き専用車)のメルセデス・ベンツにて、ライセンスツアーガイドであるeasyfirenze.com代表市川朋子がご案内致します。

ツアー料金(1名様/税込)

参加人数ドライバーのみ日本人ガイド同行
1名様560ユーロ620ユーロ
2名様280ユーロ310ユーロ
3名様195ユーロ215ユーロ
4名様150ユーロ165ユーロ
5名様130ユーロ140ユーロ
6名様110ユーロ120ユーロ
7名様95ユーロ
お問合せ・お申込み
お問合せ・お申込み

今日の天気

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter