アッシジとペルージャツアー

聖フランチェスコの町アッシジとウンブリア州の州都ペルージャを訪れるフィレンツェ発のツアーです。

ツアーはまずアッシジへ向かいます。アッシジは聖フランチェスコが生まれ、生きた町です。聖フランチェスコとは、教皇ピオ12世により『聖人のなかで最もイタリア人らしい、イタリア人のなかで最も聖人らしい聖人』という言葉とともにイタリア全土の守護聖人となったフランチェスコ会の創始者です。ツアーは聖フランチェスコの生涯を追いながら、『聖フランチェスコ聖堂』と『聖キアラ聖堂』を訪問します。

教会巡りではなく、写真を撮ることに重点を置いた訪問を希望される方は、アッシジの街並みを高台から望む『マッジョーレ城塞』やアッシジの町並みをご案内致します。

アッシジの広場の地下にある古代ローマ時代のアッシジの面影を知ることのできる考古学博物館もあります。アッシジを訪れたゲーテは、聖フランチェスコ聖堂には見向きもせずに古代ローマ時代の遺跡を褒め称えたと言われています。

アッシジにて昼食を召し上がっていただきます。ご希望のレストランまたはオススメのレストランへご案内致します。昼食後はペルージャへ向かいます。

ペルージャは、ウンブリアの州都で、ペルージャ大学や外国人大学があり活気ある国際的な町です。長年、教皇庁の支配下にいたためか、見上げるばかりの威厳ある建築物に圧倒されます。

1540年から建設が始まった地下都市のようなロッカ・パオリーナ(パオロ3世要塞)要塞を出て、町の目抜き通りへ入ります。ペルージャが誇る画家ペルジーノの名前が付いた通りは歴史的建築物が並ぶ美しい通りです。通りを進むと、イタリアで一番大きい噴水のひとつと言われるマッジョーレ噴水のある広場に到着します。

ペルジーノやピントゥリッキオをはじめとしたウンブリア派の絵画とフラ・アンジェリコ、ピエロ・デッラ・フランチェスカなどの作品を堪能できる国立ウンブリア美術館と、その並びにペルジーノのフレスコ画で飾られた両替商会館があります。

広場に面した聖ロレンツォ大聖堂には、聖遺物「聖母マリアの婚約指輪」が納められています。そして、大聖堂の柱にはペルジーノによる優美な「出産の聖母」が残されています。

ペルージャといえば、青い包み紙のチョコレートBaciで有名なチョコレートメーカー「ぺルジーナ」がありチョコレートの町として知られています。

ペルージャは歴史も古く、エトルリア時代の井戸も訪問でき、井戸の水のお土産なんていうのも購入できます。

*ペルージャの見どころ

お客様のご希望の場所をご案内致します。2時間で、2〜3箇所訪問できます。

  • ウンブリア国立美術館
    (1月から3月は月曜休館)
  • 聖ロレンツォ大聖堂
  • 両替商の館
  • 水道橋跡
  • エトルリア時代の井戸

美術館などに入場せず散策のみも可能です。昔の水道橋の跡など町の散策も写真スポットが多く大変面白い町です。

ペルージャツアー以上の全行程を、イタリア政府公認ハイヤーNCC(運転手付き専用車)のメルセデス・ベンツにて、イタリア政府公認ツアーガイドがご案内致します。

ツアー料金(1名様/税込)

参加人数ドライバーのみ日本人ガイド同行
1名様510ユーロ585ユーロ
2名様255ユーロ290ユーロ
3名様175ユーロ200ユーロ
4名様140ユーロ155ユーロ
5名様115ユーロ130ユーロ
6名様100ユーロ110ユーロ
7名様85ユーロ
お問合せ・お申込み
お問合せ・お申込み

ブログ

Facebook
Twitter