ブログ

今日の天気

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

ジャコモ・プッチーニツアー

ジャコモ・プッチーニツアーは、イタリアのオペラの巨匠ジャコモ・プッチーニのゆかりの地ルッカトッレ・ディ・ラーゴを訪れます。

ツアーはまずは、プッチーニが約30年間過ごしたプッチーニ邸のあるトッレ・デル・ラーゴへ向かいます。プッチーニは1891年にマサチュッコリ湖畔のトッレ・デル・ラーゴの借家に移り、1899年には自分の家を構えます。トッレデルラーゴは音楽に没頭できるうえに趣味の狩りに適していたこともあり、この家を『天国、エデンの園、最高の歓喜』と呼んでいました。この地で『マノン・レスコー』 (1891)、 『ラ・ボヘーム』 (1896)、 『トスカ』 (1900)、『蝶々夫人』 (1904)、『西部の娘』 (1910)、『ツバメ』 (1917)、 『三部作ジャンニ・スキッキ、修道女アンジェリカ、外套』(1918)が作曲されたのです。まさにプッチーニの黄金期と言っても過言ではありません。日本人で初めて国際的に評価され、プッチーニから『あなたは私の夢を実現してくれた』と称賛されたオペラ歌手の三浦環も、このトッレ・ディ・ラーゴに住むプッチーニを訪れました。1924年、プッチーニは喉頭癌の手術のためブルッセルへ向かいますが治療の甲斐なく息を引き取ります。遺体はミラノに運ばれ国葬が行われました。ミラノに埋葬されましたが、2年後に息子アントニオの意向でトッレ・デル・ラーゴの墓所へ移されます。そして今も美しい湖畔で永遠の眠りについています。

プッチーニが愛した湖畔の邸宅は、2012年にプッチーニ邸博物館としてオープンしました。博物館はプッチーニの唯一の孫であるシモネッタ・プッチーニが管理しています。緑、自然、湖と周囲の環境を反映させた、プッチーニ自ら手がけた寝室を見学することができます。プッチーニのお墓(礼拝堂)、数々の所有品、デスマスクなどが展示されています。

トッレ・デル・ラーゴプッチーニ邸を訪れた後は、ルッカへ向かいます。古代ローマ円形劇場広場で知られるルッカでは、まずは昼食を召し上がっていただきます。

食後は、プッチーニの生家と、プッチーニ家がジャコモの父親までの124年間、公式オルガニストを努めた聖マルティーノ大聖堂などを訪れます。城壁に囲まれた美しい町ルッカを散策すると、プッチーニの思い出とともにその魅力ある歴史を語りかけてくれます。

ジャコモ・プッチーニは、トスカーナ北部の町ルッカにて生まれました。プッチーニ家は1世紀半続く音楽家の家系で、プッチーニで5代目でした。音楽家であったすべての先祖の名前を冠して、本名をジャコモ・アントニオ・ドメニコ・ミケーレ・ マリア・プッチーニと言います。プッチーニの父親はルッカ音楽院の学長を努めていましたが、プッチーニが5歳の時に亡くなります。決して裕福ではない環境で育てられたプッチーニでしたが、母親は彼に熱心に音楽教育を受けさせました。ルッカのドゥオモのオルガニストとなりますが、ミラノのコンセルヴァトーリオで師事した教授の影響で、オペラに興味を持つことになります。

プッチーニが愛した湖畔の邸宅は、2012年にプッチーニ邸博物館としてオープンしました。博物館はプッチーニの唯一の孫であるシモネッタ・プッチーニが管理しています。緑、自然、湖と周囲の環境を反映させた、プッチーニ自ら手がけた寝室を見学することができます。プッチーニのお墓(礼拝堂)、数々の所有品、デスマスクなどが展示されています。

プッチーニが作曲したオペラは12作。他の作曲家に比べれば数としてはそれほど多くはありません。しかしシンプルでいながら絶妙なハーモニーの美しい曲は、一度聴くと忘れることはできない心に響く作品たちです。

以上の全行程を、市認定ハイヤーNCC(運転手付き専用車)のメルセデス・ベンツにて、ライセンスツアーガイドであるeasyfirenze.com代表市川朋子がご案内致します。

ツアー料金(1名様/税込)

参加人数ドライバーのみ日本人ガイド同行
1名様360ユーロ420ユーロ
2名様180ユーロ210ユーロ
3名様130ユーロ150ユーロ
4名様100ユーロ115ユーロ
5名様90ユーロ95ユーロ
6名様85ユーロ90ユーロ
7名様80ユーロ
お問合せ・お申込み
お問合せ・お申込み

ブログ

今日の天気

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter