home>キャンティクラシコワイナリーツアー>

カサ・エンマ

キアンティクラシコ地区でもシエナ県よりのサン・ドナート・イン・ポッジョ村に程近い小丘にワイナリー、カサエンマはあります。ワイン醸造所でもある農家を中心に四方に広がる34ヘクタールの土地は、70年代にブカロッシ家がフィレンツェの貴族エンマ・ビッザッリより購入し、この女性の名をワイナリーに残しました。

ぶどう畑1ぶどう畑2

醸造所はこじんまりとしていますが、ワイナリーの周りに広がる綺麗に整列されたぶどう畑とオリーブ林は隅々まで手入れが行き届いているのが伺えます。こじんまりしているということは、収穫した時点で酸化が始まるぶどうを、なるべく新鮮なまますばやく畑の中心にある醸造所へ運ぶことができるという利点もあります。ぶどう畑には、サンジョヴェーゼをはじめ、メルロー、マルヴァジア・ ネラおよびビアンカ、トレッヴィアーノの品種が育てられています。そして、ワイナリーで生産されるワインは全て、225リットル/500リットルのオーク樽で熟成されます。樽の種類、樽の年齢、熟成期間は、ワインの種類で異なり、エノロゴ(醸造家・ワイン調合師)による試飲が行われ味のバランスを保ちます。

オーク樽ワイナリー

生産するのは、キアンティクラシコ、キアンティクラシコ・クリュ、キアンティクラシコ・リゼルヴァ、スーパートスカーナであるトスカーナIGT、オリーブ・オイル、グラッパ、葡萄を収穫して干すのではなく収穫の時期を1ヶ月ずらして造るヴィン・サントや、バルサミコ酢です。

ワイン

カサ・エンマのワイナリーを訪問されたい方は、キャンティクラシコワイナリーツアーのお問合せ・お申込みフォームから、カサ・エンマへ行きたいと一言お書き下さい。

矢ワイナリー カサ・エンマのHPへ