サン・ジミニャーノとトリュフツアー

トリュフツアーはトリュフの里サンミニアートにあるトリュフ生産者を訪れます。トリュフをまじかに見ながら、トリュフはどのようなところに生息するのか、どうやって採集するのか、黒トリュフと白トリュフの違いなどについての簡単な説明を聞きます。

ご案内致します2軒のトリュフ農家はサンミニアートでも代々続くトリュフ採集農家です。

1)リッカルドのトリュフ農家は、トリュフを採集し、生で販売するとともに、採集したトリュフでトリュフ・クリーム、トリュフ塩、トリュフ入りオリーブオイル、トリュフバターなど、トリュフに関す様々な商品も生産販売しており、いくつかの商品を試食していただきます。トリュフ入りといわれる商品はさまざまな場所で目にしますが、こちらの製品の特徴はトリュフの含有量が多く、香りが非常によいということです。

2)マッシモのトリュフ農家は、代々続くトリュフ農家です。お父さんのサルヴァトーレさんは18年間サンミニアートのトリュフ協会の会長を務められたトリュフ名人です。お父さんとトリュフ名犬ぺぺ、マッシモさんとトリュフ犬メラとともに、トリュフ探しに出かけます。森を散策したあとは、マッシモさん宅でトリュフランチです。レティッツァアさんが目の前でお料理にどのようにトリュフを使うかの説明をきき実演を見ながら召し上がっていただきます。

各トリュフ農家で以下のトリュフ体験ができます。

リッカルドのトリュフ農家とトリュフ加工品/農家訪問試食代50ユーロ(2名様の場合)+ツアー料金
トリュフとトリュフ犬についての説明を聞きながら、その場で農家の庭に隠したトリュフをトリュフ犬が捜すデモンストレーション見学し、その後、農家が作るトリュフ加工品を試食して頂きます。(トリュフ加工品も購入可能です)
午前:サンジミニャーノ訪問
昼食:サンミニアートのレストランでトリュフランチ
午後:リッカルドのトリュフ農家訪問(リッカルドの庭でトリュフ探しとトリュフ商品購入)

ツアーはまず、中世の塔の村サン・ジミニャーノを訪れます。現存する14の塔で有名なサンジミニャーノは、トスカーナにある7つの世界遺産のひとつです。イタリアには中世の佇まいが残された田舎町というのはたくさん存在しますが、サンジミニャーノほど保存状態がよい町はほかに類を見ません。また、高台にあるサンジミニャーノからは、トスカーナの田園風景も楽しめます。

サンミニアートを訪れたあとは、「トリュフの里」サン・ミニアートの町のレストランにてトリュフを使った昼食を召し上がって頂きます。5月中旬を除いたほぼ一年中で新鮮なトリュフが手に入りますが、季節により種類が違います。夏は黒トリュフ、秋は白トリュフ、年始から春ごろまでは見た目は白いですが味は黒トリュフに似たものが採れます。黒トリュフはイタリアのほかの地方でも見られますが、サンミニアートは世界でも数少ない白トリュフ生産地のひとつです。レストランでは、トリュフの里ならではの香りのよい季節ごとの生トリュフのパスタが供されます。

食後に、トリュフ農家を訪問します。

チェックほぼ1年中、季節のトリュフのパスタを召し上がっていただけますが、10月から12月中旬が白トリュフの季節です。しかし、トリュフは生ものですので季節の始まりと終わの時期には、必ず白トリュフがあるとは限りません。
チェックamico del tartufoご案内致しますレストランは、「Amico del tartufo」(トリュフの友)協会の4つのトリュフ印を得ています。トリュフの友協会とは、生トリュフのみを使用している保証となり(香り付けにトリュフ入りオリーブオイルなど加工品を使用していない)、地元のトリュフ(この場合、サン・ミニアート産トリュフ)のみ使用しているレストランが4つのトリュフ印を得ることができます。料金の目安としまして、白トリュフのコース(5品・飲み物別)で150ユーロ、白トリュフのパスタ約35ユーロ、黒トリュフのパスタが約18ユーロですが、トリュフは時価ですのでその時々で若干変わります。(加えて、水、サービス料などが生じます)
チェック上記のレストランは土曜日と火曜日が定休日です。

トリュフ犬と庭トリュフ加工品試食商品

マッシモのトリュフ農家とトリュフ昼食/お一人様150ユーロ+ツアー料金
トリュフとトリュフ犬についての説明を聞きながら、トリュフを探しに森へ出掛けます。その後、トリュフ農家にて生トリュフを使ったトリュフランチを召し上がって頂きます。(こちらの農家はトリュフ加工品はありません。サン・ジミニャーノの町へは立寄りません。)生トリュフでお料理教室も可能です。
午前:マッシモと森でトリュフ探し
昼食:マッシモ宅でトリュフランチ
午後:サンジミニャーノまたはピサ訪問

サンミニアートにあるトリュフ農家マッシモさんとトリュフ犬とともに森にトリュフ探しに出かけます。トリュフとは?トリュフの種類、トリュフ犬についてなど、トリュフの説明を聞きながら、1時間強ほど森を歩きます。そして、マッシモさん宅でレティッツィアさんのトリュフランチを頂きます。目の前で、トリュフの扱い方、料理の方法などを聞き実演を見ながらランチをいただきます。

食後は、世界遺産である中世の塔の町サンジミニャーノを訪れます。サンジミニャーノには世界チャンピオンのジェラート屋さんがあります。

トリュフ犬と森スープ卵

マッシモのトリュフ農家のトリュフ昼食/お一人様150ユーロとリッカルドのトリュフのお店訪問
トリュフとトリュフ犬についての説明を聞きながら、トリュフを探しに森へ出掛けます。その後、トリュフ農家にて生トリュフを使ったランチを召し上がっていただきます。その後、リッカルドのトリュフ店を訪れます。
午前:マッシモのトリュフ農家訪問
昼食:マッシモのトリュフ農家
午後:リッカルドのトリュフ農家訪問(トリュフ商品購入)

サンミニアートにあるトリュフ農家マッシモさんとトリュフ犬とともに森にトリュフ探しに出かけます。トリュフとは?トリュフの種類、トリュフ犬についてなど、トリュフの説明を聞きながら、1時間強ほど森を歩きます。そして、マッシモさん宅でレティッツィアさんのトリュフランチを頂きます。目の前で、トリュフの扱い方、料理の方法などを聞き実演を見ながらランチをいただきます。

食後は、リッカルドさんのお店へ立ち寄りし、トリュフの加工品を購入します。

チェック3サンジミニャーノの代わりに、サンミニアート周辺のワイナリー訪問、カプリーノチーズ農家訪問やピサ、ヴィン地村、チェルタルド訪問もアレンジ可能です。サンミニアート周辺には、イタリアでは珍しいテンプラニッロを使ったワインも作っているワイナリーや、オレンジワインを作るビオワイナリーがあります。行先によって追加料金が生じる場合がございます。詳しくは、お問合せ下さい。

以上の全行程を、市認定ハイヤーNCC(運転手付き専用車)にて、ライセンスツアーガイドであるeasyfirenze.com代表市川朋子がご案内致します。

1月1日、6日、イースター、8月15日、12月24日25日26日31日はツアーは実施されません。
トリュフツアー出発時間9時、到着時間17時30分を予定しておりますが、お選びいただくトリュフのコースで出発・到着時間が若干異なります。
サン・ジミニャーノの訪問は1時間30分を予定しています。
ご宿泊先の玄関先まで送迎致します。お申し込みいただく際に、送迎先をご指定ください。
ライン
 料 金(税込み)
人数 料金(1名様)
1名様 420ユーロ
2名様 210ユーロ
3名様 140ユーロ
4名様 110ユーロ
5名様 90ユーロ
6名様 80ユーロ
→ 今日の為替レート
上記の料金は、
  • 運転手付き車代、日本人ツアーガイド代が含まれます。
  • 別途、トリュフ農家にて、訪問・試食代が生じます。
  • 別途、サン・ミニアートのレストランでの昼食代が生じます。
  • 1月1日、1月6日、5月1日、8月15日、11月1日、12月24日、12月25日、12月26日、12月31日はツアーは実施されません。
  • フィレンツェ発着の場合です。フィレンツェ以外の町発着の場合はお問合せ下さい。
フォーム ※フォームから問合せ・申込みができない場合は、
お手数ですがメールにてお問合せ下さい。