ピエンツァのドゥオモ

世界遺産のピエンツァのドゥオモ。

ピエンツァのドゥオモ ピエンツァのピオⅡ世広場にあるドゥオモは、トラバーチンの白が美しい。 檣楼 ルネッサンス様式のこの町も鐘楼だけは、ドイツで過ごしたこともあるピオⅡ世の好みだろうか、とてもドイツ風である。この鐘楼は、角度を変えるととてもいい味を出してくれる。 ドゥオモ内部 内部は、決してきらびやかではないが、ピエンツァの町らしい愛らしさがある。 フィレンツェやシエナなどの大きな町のドォウモに比べると、大理石がふんだんに使われているわけではなく、華やかなフレスコ画が描かれているわけではない。しかし細部をよく見ると、凝っているのがわかる。 特に、窓の装飾が大変美しい。 窓1 左側の窓のひとつ。 窓2 右側の窓のひとつ。左側と同じ柄である。 いくつかある窓の隣同士は違う柄だが、左右対称で同じなのかもしれない。 窓3 右側の窓。 窓4 これまた右側の窓。 同じような写真ばかりで恐縮だが、光が差してとても綺麗だったので。 隣同士の窓を撮ったのだが、色がこんなに違うのは光のあたり具合が微妙に違うからだろうか。 とにかく「これはいい!」と思ったものは撮りまくる、というのがわかる気がする。 その後で、私のような素人は「これだ!」と勝負の一枚を選びきれないのが困るのだが・・・。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest

関連記事