移りゆく色

オルチャ渓谷移りゆく色。

季節とともに、自然が織り成す色彩の組み合わせ。 今日と明日では変化がなくとも、明後日になると変わってしまう。

オルチャ渓谷移りゆく色

そんな儚げな移ろいを見せる紫陽花。 咲ききった姿も、美しい。

紫陽花ピンク

ピエンツァからアグリツーリズモへ行く途中、 溢れる紫陽花を見せるテラス。

紫陽花テラス

ここを通るたびに、その見事さに見入ってしまう。 イタリアの紫陽花は花が終わっても枝を剪定しない。 しばらくドライフラワー状態で、 いつまでも見る人を楽しませてくれる。

オルチャの小麦

青麦から黄金色の小麦へ。 遠くから全体的に見ていると色の変化に気付かないが、 近づくと調和の取れた色調で季節とともに変わりゆく。

夕日

今日も一日、お疲れ様。ふと外を見ると、 素晴らしい夕焼けが目に飛び込んだ。

ぶどう

自然の色は、妙である。

もしも自然と同じ色の組合わせで人間が服を纏っても、 それがぴたりと当てはまるとは限らない。 不思議である。

うっとりするような色合いの瞬間は、移り行く。 その一瞬を永遠に変えようと、今日もカメラのシャッターを押す。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest

関連記事