100点満点ボルゲリを飲む

先日の日曜日、ボルゲリを訪れた。ボルゲリはフィレンツェから車で2時間弱のティレニア海沿いにある小さな村である。1960年ごろまでは静かな海の近くの村に過ぎなかったが、70年代からはワイン愛好家ならば言わずと知れた「スーパートスカーナ」ワインの里として名声を得た。
ボルゲリ地区で最も有名なワイン「サッシカイア」
ボルゲリ村
村中、サッシカイアのボトルだらけである。ボルゲリで購入して1本140ユーロとすると・・・、いらぬ計算をしてしまう大阪の商人魂・・・。
ボルゲリ村は海沿いと言っても海岸からは15kmは離れているだろうか。数十年前までは海水浴を楽しむ客がちらほら訪れたに過ぎない村であったろうが、今では観光客で賑わっている。
レストラン
観光客が皆、ワイン目当てではなかろうが、訪れる人がいる村は活気を取り戻した。全く持って、「サッシカイア」様々である。
ボルゲリはなんといっても気候が違う。
ノウゼンカズラ
海辺だから当たり前なのだが、日の光が、風が、違うのである。オレンジのノウゼンカズラが咲き乱れる様は南国を思わせる。
オリーブの木
1720年ごろから生き続けるオリーブの木。ボルゲリの歴史を見続け、これからも見守っていくことであろう。トスカーナは寒波に襲われオリーブの木が全滅に近い状態になったことがあるが、年輪を刻んだ立派なオリーブがこの地が温暖であることを物語っている。
「ボルゲリのワイナリーを訪れたい」というリクエストを頂戴したのは、1週間ほど前。お客様の都合のよい日は、日曜日のみ。
ボルゲリの有名どころのワイナリーは日曜日は休館か、1週間前には予約を入れなければ訪問は受け付けない。さて、それではどこへご案内を?
サン・ジョヴェーゼの地区ならば、私の大の得意とするところであるが、カヴェルネとなるとさっぱりである。「テヌータ・サングイド」や「オルネッライア」「グアド・アル・タッソ」など、大手ならばワインの味はさておき、知名度だけで訪問するには充分である。小規模となると、美味しくなければ話にならない。遠方まで行くのだから。いずれにしても、今更ワインを飲んで試す時間もなし、既存の評価を頼るしかない。そして、日曜日にも訪問できる場所。
そこで、選んだのが日本にも輸出している2軒。
「カステッロ・ディ・ボルゲリ」
カステッロ
ボルゲリ村のシンボルであるボルゲリ城は、この地区で一番歴史の古いワイナリー。ボルゲリ城は、中世にはリグリア州からラッツィオ州一帯を支配したデッラ・ゲラルデスカという一族が所有している。醸造施設を見学する前に、とっても優しい案内役のフェデリカさんがボルゲリとワイナリーの歴史の話をしてくれた。デッラ・ゲラルデスカ一家は50年前、跡継ぎが途絶えてしまった。生まれたのは娘ばかりだったそうで、その一人がボルゲリ城を継ぎ(名前は旦那のものとなったが)、一人がテヌータ・サングイドへ嫁ぎ、一人がグアド・アル・タッソ(だったと記憶する)へ嫁ぎ・・・と、結局、ボルゲリの大手は皆ゲラルデスカ一家じゃないですか!ということらしい。
カステッロ・ディ・ボリゲリ訪問
樽の貯蔵庫の写真がぶれているが、こんな感じでお城地下の醸造施設を説明つきで見学した後は、2種類の赤ワインを試飲。
バルバラ
ボルゲリDOC「バルバラ/VARVA’RA」と、ボルゲリ・スペリオーレ「カステッロ・ディ・ボルゲリ/CASTELLO DI BOLGHERI」
すっきりした飲み口で、上品なスタイルの赤。まろやかで飲みやすい。カステッロ・ディ・ボルゲリは、2011年度には、イタリアの赤ワイントップ100のひとつに選ばれている。
午後は、今日の目玉「ワイン・エンスージアスト誌にて100点満点中100点」を受賞したワインを造るワイナリー「ジョヴァンニ・キアッピーノ」へ。
ジョヴァンニ・キアッピーニ
糸杉が並ぶ入り口を抜けて、ワイナリーへ。
2009
100点満点を受賞した「Guado de’Gemoli 2009」が保管されているのを見て、期待が膨らむ。
畑
赤土の大地に、葡萄品種カベルネ・ソーヴィニヨン、カヴェルネ・フラン、メルロー、プティ・ヴェルド、サン・ジョヴェーゼが5ヘクタールの畑に植えられている。標高は70-100m!海から10kmしか離れていないので驚くことではないのかもしれないが、トスカーナのほかの地区の畑が250mから550メートルなので、違いに驚くとともに、更なる興味が沸く。
オーナー
この日は日曜日ということと、訪問するのが日本人であるということで、オーナーのジョヴァンニさん直々に説明をしていただける幸運に恵まれた。造り手から話を聞けるのは、本当に嬉しい機会である。
ジョヴァンニさんに畑を見せていただいきながら、海からの風と煌く太陽を浴びて、ワインが生まれた環境を肌で感じる。
美味しいワインは健康な葡萄畑から。まるで自分の子供たちを紹介するように、それぞれの品種の葡萄を紹介してくれた。
樽
樽貯蔵室。フランス製オーク材の小樽のみ使用。どのワインが何年この中に、また樽の古さは?と尋ねると、一応の目安はあるが、年毎に気候が違い、葡萄の出来が違う。それに合わせて樽の熟成方法、時間も変化する。だから、一概には言えないんだよ、と。小規模だからこそ出来るこだわりである。
屋外のテーブルで葡萄畑を眺めながらの試飲。
ボルゲリDOCの白ワイン1種と、ボルゲリDOC2種類とボルゲリDOCスーペリオーレ1種類の赤ワイン。
白ワインは、ベルメンティーノ。アサリのスパゲッティが食べたくなった!
ボルゲリDOC一つ目は、カヴェルネ・ソーヴィニヨン30%にサン・ジョヴェーゼ70%が混じった1本。
「Ferruggioni」
この土地でサン・ジョヴェーゼの畑は全体の2%とか。サン・ジョヴェーゼを造っているのは、コチラのワイナリーとミケーレ・サッタとテヌータ・サングイドのみらしい。なぜなら、この土地のサン・ジョヴェーゼは、決してキアンティ・クラシコや、ましてやブルネッロの土地でできるサン・ジョヴェーゼのような強さが生まれないそうだ。気軽にのめるサン・ジョヴェーゼならば、この土地でも充分美味しいものが出来る。現に、ここのサン・ジョヴェーゼも適度な酸味でタンニンも渋みもバランスが取れている。夏にも飲める赤ワインといったところか。
2本目の赤は、ボルゲリDOC「Felciaino」
サン・ジョヴェーゼとカヴェルネ・ソーヴィニヨンに、メルローが混じる。メルローが混じることにより、まろやかさが出てきた。
グアド
最後に、ボルゲリDOCスーペリオーレである「Guado De’Gemoli」
試飲するのは、満点を受賞した2009年のもの。
ああ、カヴェルネ・ソーヴィニヨン!(80%入っているのだから、当たり前!あとは20%のメルロー)ワインの試飲は軽いものから徐々に重いものへ移っていくが、サン・ジョヴェーゼのフルーティーさから、深みのある世界へ足を踏み入れたという感覚。
カベルネ・ソーヴィニオヨンの草っぽさが好みではない私だが、ボルゲリは私にカベルネの美味しさを教えてくれた土地である。このワインは、深みがあり、複雑さがあり、広がりがある。深遠というのか。しかし、品種特有の非常なまろやかさがあり、そういった意味では難解なワインというわけではない。そして、フランスに比べ暖かいイタリアで造られたというのがよく反映されている「温かみ」がこもるワインである。
2軒のボルゲリを比べてみて。
「カステッロ・ディ・ボルゲリ」は「テヌータ・サングイド」の畑に隣接し、「ジョヴァンニ・キアッピーニ」は「オルネッライア」の畑に隣接している。
サッシカイアもオルネッライアもボルゲリの代表格といえるが、「カステッロ・ディ・ボルゲリ」はサッシカイアが提供するエレガント路線、「ジョヴァンニ・キアッピーニ」はオルネッライアが提供するボディのある路線というような感じがした。まぁ、いくら畑が近いといっても、こんなに簡単に分別できるほど単純ではないのがワインの世界なのであるが・・・。
有名なワイナリーを巡るもよし、小規模でも素晴らしいワインを造るワイナリーを巡るもよし、エノテカで飲んでいると見えないラベルの裏まで見えてくるのがワイナリー巡りの醍醐味である。

ブログランキンに参加しています。よろしければ応援クリックお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
Share on facebook
シェア
Share on twitter
ツィッター

ボルゲリツアー

ボルゲリワイナリー 2軒訪問


ボルゲリワイナリー ツアー
ツアー料金はお申込み人数で異なります。2名様以外の場合は、ツアーページをご覧いただくか、お問合せください。
別途、昼食代、ワイナリー試飲代が生じます。

easyfirenzelogo

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest

関連記事