ボルゲリ村

6月のオルチャ渓谷 クレテ・セネージへ。

ボルゲリ村の糸杉

I cipressi che a Bolgheri alti e schietti
van da San Guido in duplice filar,

高く痩せたボルゲリの糸杉
サン・グイドから二筋に続く

ジョズエ・カルドゥッチが詩に詠ったことでも有名なボルゲリの糸杉並木。

オリーブ

トスカーナは32年前の寒波で、オリーブの木が被害にあった。トスカーナ内陸部で見るほとんどのオリーブは、その後に植えられたオリーブであるため細身である。しかし、ボルゲリのオリーブの木は寒波を生き残った。そこここに巨大な姿を見せ、この土地が温暖である証拠となる。

小さなボルゲリ村だが、多くのレストランが軒を連ねる。

エノテカ

『このお店にはWifiは飛んでいません(ありません)。でも、良いワインはあります。2杯飲んだら、あなたが飛ぶことができますよ。なんという喜びでしょう!』

テーブル

ボルゲリ村のお店は、とってもお洒落。

ジェラート

お客様は、ご案内した方々皆様大好評のレストランにてお食事中。私の今日のランチは、ボルゲリ村のジェラート 『カントゥッチとヴィンサント』と『レモンピール入りクリーム(とかなんとかだったような?)』一番小さいので2,50ユーロ。美味しい ここのジェラートはあっさり系。アイスクリン的な感じ?

ボルゲリ

そこそこ賑わっている。欧州人の観光客が多かったかな。たくさんあるレストランも、満席には程遠いがどこも人が入っていた。

ボルゲリ街角

『画家の食堂』という名前のレストランだからか、モダンな絵が飾られている。

猫の絵

ガスメーターの蓋も可愛い。そういえば、ボルゲリ村で素敵なお店の写真を撮ろうとしても、ガスメーターの扉が雰囲気壊すなと思ったことがあったので、すべてこんな感じに絵を描いて欲しいな。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest

関連記事