ドンナ・オリンピア1898/それぞれのボルゲリ(2)

ドンナ・オリンピア1898

別のお客様はフィレンツェに滞在中にたまたま出会ったワインが美味しかったので、訪問したいとのご要望で『ドンナ・オリンピア1898』を訪れた。

ワイナリー「ドンナ・オリンピア1898」

トスカーナ内陸部の葡萄畑を見慣れていると、この平地に広がる葡萄畑は不思議な気がするが、それでも見事としか言いようがない。

ドンナオリンピア醸造所

醸造施設は、大きいのね~。

試飲

ボルゲリDOC白は、ヴェルメンティーノ、ヴィオニエ、プティ・マンサン。トスカーナの海辺はヴェルメンティーノだが、ヴィオニエやプティ・マンサンが、ボルゲリの特異性を表している。シュール・リをして醸造された白ワインは、グレープフルーツの爽やかさが夏らしい。
ボルゲリの赤は、エレガントで力強い。力強さが印象に残るのは、オルネッライアも同じ路線。案内役のお姉さんがおっしゃる通り、わざわざ高いお値段のオルネッライアでなくとも、こちらのワインで十分かも?

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest

関連記事