ポッジョ・アル・テゾーロ/冬のボルゲリ2軒(1)

ポッジョ・アル・テゾーロ

ボルゲリの赤だけでなく白も飲んでみたいというリクエストにお応えするために、今年の夏に訪れたワイナリー『ポッジョ・アル・テゾーロ』。今回の冬の訪問で2度目となる。


多くのワイナリーが白も造っているので夏のリクエストは難しいものではなかった。すごく有名でなくともいいということだったので最初は『ドンナ・オリンピア1898』を考えていたが、休暇期間に入るので訪問不可能と言われた。そこでとりあえずな感じで選んだワイナリーが『ポッジョ・アル・テゾーロ』であった。

ポッジョ・アル・テゾーロ

それがめちゃくちゃ当たりだったので、今回も2日間ボルゲリ5軒訪問の1軒に選んだ。

5種類のワインを試飲。

ロゼワイン

まずは、ロゼから。前回、赤も美味しかったが、特にロゼと白が印象に残ったのを覚えている。今回、それがなぜかが分かった気がする。カヴェルネ・フランが入っているロゼなのだ。だから好きなのかも。

アンフォラワイン

ポッジョ・アル・テゾーロの白ソロソーレは、ヴェルメンティーノ100%。ここの白は非常に定評がある。ヴェルメンティーノは海岸線で造られる品種で、フルーティでフローラルな爽やかさが目立つカジュアルワインが多いが、こちらのヴェルメンティーノは落ち着きがある。ステンレス樽のみでの醸造だが、熟成もできる白。

ポッジョアルテゾーロワイン

ロゼと白は、選択された葡萄のみで造る特別バージョンも存在する。
特別バージョンのロゼは、ここのところ流行りのアンフォラ(テラコッタ容器)で醸造。白は樽熟成。あ~、どんなんか試したい!

イルセッジョ

今年から発売のボルゲリロッソ『イル・セッジョ』。メルロー40%、カヴェルネ・ソーヴィニヨン30%、カヴェルネ・フラン20%、プティヴェルド10%。2014年は雨が多い年だったので、しっかりさせるためにプティヴェルドを入れたのだそうだ。

イルセッジョ

そしてトップワインのソンドリアを造らなかったので、ここにいい葡萄が全てが入っている。最初に果実味があり、くるくるグラスを回すとオレンジとかタイムとか月桂樹とか、地中海の香りがやってくる。
ガンベリロッソでいつもトッレ・ビッキエーレを受賞するボルゲリスーペリオーレのソンドリア。カヴェルネ・ソーヴィニヨン、カヴェルネ・フラン、メルロー。
試飲していくほどにワインに深みが出てくる。

ポッジョ・アル・テゾーロの醸造家だが、最初はルカ・ダットーマ氏、今は32歳のお若いロレンツォ・フォルティーニ氏が手がけている。『醸造施設でこんにちは~とすれ違った人いたでしょ?あの人よ』って、はよ言うてや、案内係りのヴァレンティーナちゃん!

ポッジョアルテゾーロセラー

いずれの赤もとても優しい味わいである。新樽使用率が低いからか?樽感たっぷりの強力なボルゲリがあまり好きでない私は、この優しさが良い感じ♪
ずらりとバリック並ぶ樽の貯蔵庫。このくるくるっと樽を回す方式の棚は、ボルゲリでここが初めて使用したそうだ。

ポッジョ・アル・テゾーロはヴァルポリチェッラ地区のワイナリー『アンジェリーニ』の所有するワイナリー。ちなみに、モンタルチーノのサン・ポロもグループワイナリーである。サン・ポロは環境・社会・経済に優しい持続可能な施設(カサクリマ・ワイン認定)として知られている。最近、施設のみならずワインの評価も上がってきている。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest

関連記事