5月の花たち@オルチャ渓谷

オルチャ渓谷の5月の花。

トスカーナの野が花であふれる5月。オルチャ渓谷で見た5月の花々の一部をご紹介。
オルチャ渓谷の5月の花
青麦に赤色の斑点が印象的なひなげしの花。5月末にもなると小麦が黄金色に輝くが、金色の中の赤も素晴らしい。

オルチャ渓谷ハニーサックル
5月といえば、この赤い花スッラ!日本では、フレンチハニーサックルと呼ばれるのかな?ハニーサックルというとくまのプーさんが現れそうなイメージだが、スッラは地中海の花なのである。スッラからミネラル豊富な蜂蜜ができる。

オルチャ渓谷ニゲラ
草むらでニゲラがひっそりと咲いていた。空色が可愛らしい。

オルチャ渓谷絵エニシダ
そして、エニシダ。華やかな黄色が5月の風に揺れ、素晴らしい芳香を運んでくれる。エニシダの話でお客様から『嵐が丘』という言葉が出たが、嵐が丘の舞台であるハワースもオルチャ渓谷も厳しい大地ということでは同じである。しかし、イギリスのどこか寂寥感のあるハワースには優しいピンクのヒースが咲くが、オルチャ渓谷には、イタリアらしい明るい黄色のエニシダが咲くのである。

オルチャ渓谷のエニシダの道
トスカーナでは自生のエニシダが其処彼処に生え、初夏を迎える。私のお気に入りのオルチャ渓谷のエニシダの道。

オルチャ渓谷紫ツメクサ
ムラサキツメクサ。そうえいば、シロツメクサはあまり見ないので(気のせい?)、『シロツメクサの花が咲いたら、さぁ行こう、ラスカル~』とはいかず。すまん、ラスカル、出かけることができん。

オルチャ渓谷紫の花
名前はわからないが、よく見ると可愛い花が咲いている。

オルチャ渓谷草藤
草藤も多い。私は紫色が大好きなのだが、自然の紫は本当に綺麗。

葡萄の花
5月の花といえば、ぶどうの花も忘れてはならない。ちょっとわかりにくいので、アップしてみると・・・。

葡萄の花アップ
地味な花なのね・・・。これ見て、咲いた後か、花が見たかった!とずっと思っていたけれど、これが花だったとは!

オリーブの花
葡萄と並び、トスカーナで忘れてはならい5月に咲く小さな白い花といえば、オリーブの花。こちらの方が、綺麗だな。

オルチャ渓谷おおあわ
これらは、オオアワガエリかしらん。はんなりと紫色に染まっていく様が、とても好き。これが紫になりだしたら、夏の到来。

オルチャ渓谷ミモザ
野生のアザミも咲き始めた。
そろそろ香りの良い5月の花が終わりを告げようとしている。とその前に、香りが良い初夏の花といえば西洋菩提樹。これから開花する。街路樹でもある西洋菩提樹は、ジャスミンにも負けない素晴らしい香りなのでとても楽しみ。西洋菩提樹の蜂蜜も、華やかな香りがしてお薦めです♪
そして、野には矢車草、家々には紫陽花、ペチュニアなどが顔をそろえる頃である。オルチャ渓谷は、昨日と今日では違う小さな自然の移り変わりを見つけることができる。フィレンツェの石造りの町では気づくことのできないこと。自然って、素晴らしい!

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest

関連記事