フィレンツェのドゥオモのクーポラに登る

フィレンツェのドゥオモのクーポラ

フィレンツェのドゥオモのクーポラ
ドゥオモのクーポラこと丸屋根の屋上へ続く階段は463段。気合を入れて、いざ!

クーポラ階段
400段のジョットの鐘楼へ登ったときはかなりしんどかったので、今回はさらに大変だろうと身構えていたのだが、実は意外と辛さを感じずに済んだ。ジョットの鐘楼は階段を上へ上へと登るのみ!と単調なものだったが、クーポラは違うタイプの階段を登っていき(壁を見てどのようにクーポラが造られたかを知ることができるし)、クーポラ内部に描かれたフレスコ画を近くで見ることができる。気分転換しながら、気づいたらあと少しという感じで気持ち的には楽である。
クーポラフレスコ画
クーポラの天井には、人物、動物、天使など合わせて約700体の姿が描かれている。メディチ家の人々は友人を招いてはフレスコ画近くのバルコニーでちょっと1杯なんてしていたそうで、なんと贅沢な・・・。
フレスコ画地獄
フレスコ画のテーマは「最後の晩餐」。地獄のシーンはギョエーッ!て感じでつい見入ってしまう。
クーポラ屋上
屋上へ到着。テラコッタの赤い屋根が美しく、この景色が待っているなら、登った甲斐がある。
クーポラからの眺め
サンタ・クローチェ教会が見える。
登るならクーポラかジョットの鐘楼どちらが良いか?難しい選択である。クーポラをまじかに写真を撮りたいならば鐘楼だが、難点は鐘楼の屋上は安全網が張られているので、網の間を狙わねばならない。網なしで撮れるけれども面倒ではある。クーポラは、クーポラ以外の景色は鐘楼と変わりない。しかし、屋上までのクーポラ内部の階段が面白い。レンガの積み方などどのように建築されたかが垣間見れるし、何よりもクーポラ内部のフレスコ画を近くで見れるいい機会である。その点を思うと、クーポラが勝つかな?しかしながら、どちらも登ると「大変だけど登ってよかった!」と思うのだ。
クーポラのビデオでござる。よろしければ、ご覧くだされ。

ブログランキングに参加しています。よろしければ、応援クリック(下記の画像クリック)お願い致します。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村


人気ブログランキング

ブログランキングに参加しています。よろしければ、応援クリック(下記の画像クリック)お願い致します。 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

質問犬

ツアーガイド・添乗員のご依頼・ご質問などございましたら、お気軽にお問合せください。

 

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest

関連記事