3月から入場料変更@フィレンツェ

フィレンツェ美術館情報2018年

ヴィーナス誕生

3月から、ウフィッツイ美術館、パラティーナ美術館、ボボリ庭園、ドゥオモの入場料が、以下の通り変わる。

ウフィッツィ美術館

  • 3月1日から10月31日 20ユーロ
  • 11月1日から2月28日 12ユーロ
  • 年間定期:50ユーロ

パラティーナ美術館(現代美術館、大公の宝、衣装博物館共通チケット)

  • 3月1日から10月31日
    8時15分から8時59分(9時25分までに入場)8ユーロ
    9時から18時15分 16ユーロ
  • 11月1日から2月28日
    8時15分から8時59分(9時25分までに入場)5ユーロ
    9時から18時15分 10ユーロ
  • 年間定期:35ユーロ

ボボリ庭園

  • 3月1日から10月31日 10ユーロ
  • 11月1日から2月28日 6ユーロ
  • 年間定期:25ユーロ

ウフィッツィ美術館、パラティーナ美術館、ボボリ庭園共通チケット

  • 3月1日から10月31日 38ユーロ
  • 年間定期:70ユーロ

上記すべてに共通

  • 18歳以下は無料
  • イタリア国籍、欧州連合、ノルウェー、リヒテンシュタイン、スイス国籍の18歳から26歳半額 18ユーロ

 

ドゥオモ

  • 18ユーロ
    購入してから60日間有効、1つの施設で使用後は72時間有効

※大聖堂入場は無料です。クーポラ、ジョットの鐘楼、洗礼堂、ドゥオモ付属美術館、サンタレパラータ地下礼拝堂の共通チケットです。


パラティーナ美術館、なんとややこしいことか・・・。でも、冬の朝はとてもお得。共通チケットも、ハイシーズンにパラティーナ美術館に9時30分以降に入り、ボボリ庭園も行くならばお得ですな。今年も変わらず毎月第一日曜日は無料ですが、予約はできないので、ハイシーズンはかなり混むことが予想される。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest

関連記事