ワイナリー『レ・マッキオーレ』とボルゲリ村

レ・マッキオーレを訪問。

レ・マッキオーレ カヴェルネフラン100%のワイン・パレオで世界に名を馳せたレ・マッキオーレを訪問。 葡萄 畑のカベルネフランもすくすくと育っている様子。たくさんの蕾が開花を待つ。これがパレオになるのだ。 オブジェ この芸術作品は、ノーベル文学賞を受賞したジョズエ・カルドゥッチの記念碑。 葡萄畑 トスカーナの西に広がるティレニア海の海岸まで8キロもあるかないかという海沿いの畑は、標高が低くて平地。トスカーナ内陸とはかなり違う畑である。 発酵タンク 発酵タンクはステンレスとセメント。 発酵タンクステンレス 今日はボトル詰めのためにワインを移動させていた。度々、醸造施設に入るとふわ~んと発展途上のワインの香りがするが、この日は完成したワインの香りがしていて、とても心地が良い。 ボトル詰め ラベルを貼って、箱詰め作業。ラベルは機械だが、包装紙に巻きと箱入れは手作業。お疲れ様です。 たる貯蔵庫 地下の温度・湿度管理された樽貯蔵庫。フランス製オーク材のバリックのみ。 セラミック ここでもセラミックで熟成したワインを実験中。この手のワインは、トスカーナの特にビオやビオディナミワイナリーで流行っているけれど、うーん レ・マッキオーレのものはどういう味になるのか、楽しみである。 試飲ボトル 試飲は、4種類で50ユーロ。試飲するボトルで料金が変わる。メルロー100%のメッソーリオも含めた4種類の試飲が、ここで試飲できる全種類である。ちなみに全種類とは、ボルゲリロッソ、カベルネフラン100%のパレオ、シラー100%のスクーリオとメッソーリオの4種類。せっかくなので、このパターンの試飲をお薦めいたします。 試飲 ボルゲリロッソは2015年。2015年から、シラー20%ではなくシラー10%とカベルネ・ソーヴィニヨン10%となった。草、果実、そして時間が経つと黒胡椒と、変化が面白い。草と果実の間に何かがあるのだが、うーむ。修行不足じゃ。 どのワインもお家でゆ~くり時間をかけて味わいたいのぅ しかし、お値段が・・・。手間と愛情がかかっている分のお値段とは重々承知ではあるが、メッソーリオ2本で息子のサッカー教室払えるで。 黒板 黒板にメッセージを書き残すことができる。『Ici je suis ailleurs』とフランス語で書いてあるが、ここでは私は違うところにいますというような意味?フランス人へのボルドーとは違うでって警告? 糸杉

I cipressi che a Bolgheri alti e schietti van da San Guido in duplice filar,

高く痩せたボルゲリの糸杉 サン・グイドから二筋に続く

ジョズエ・カルドゥッチが詩に詠ったことでも有名なボルゲリの糸杉並木。 オリーブ トスカーナは32年前の寒波で、オリーブの木が被害にあった。トスカーナ内陸部で見るほとんどのオリーブは、その後に植えられたオリーブであるため細身である。しかし、ボルゲリのオリーブの木は寒波を生き残った。そこここに巨大な姿を見せ、この土地が温暖である証拠となる。 ボルゲリレストラン 小さなボルゲリ村だが、多くのレストランが軒を連ねる。 エノテカ 『このお店にはWifiは飛んでいません(ありません)。でも、良いワインはあります。2杯飲んだら、あなたも飛ぶことができますよ。なんという喜びでしょう!』 テーブル ボルゲリ村のお店は、とってもお洒落。 ジェラート お客様は、ご案内した方々皆様大好評のレストランにてお食事中。私の今日のランチは、ボルゲリ村のジェラート 『カントゥッチとヴィンサント』と『レモンピール入りクリーム(とかなんとかだったような?)』一番小さいので2,50ユーロ。美味しい ここのジェラートはあっさり系。アイスクリン的な感じ? ボルゲリ そこそこ賑わっている。欧州人の観光客が多かったかな。たくさんあるレストランも、満席には程遠いがどこも人が入っていた。 ボルゲリ街角 『画家の食堂』という名前のレストランだからか、モダンな絵が飾られている。 猫の絵 ガスメーターの蓋も可愛い。そういえば、ボルゲリ村で素敵なお店の写真を撮ろうとしても、ガスメーターの扉が雰囲気壊すなと思ったことがあったので、すべてこんな感じに絵を描いて欲しいな。

ブログランキングに参加しています。よろしければ、応援クリック(下記の画像クリック)お願い致します。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村


人気ブログランキング

ブログランキングに参加しています。よろしければ、応援クリック(下記の画像クリック)お願い致します。 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

ボルゲリツアー

ツアー料金はお申込み人数で異なります。2名様以外の場合は、ツアーページをご覧いただくか、お問合せください。 別途、昼食代、ワイナリー試飲代が生じます。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest

関連記事