ワイナリー「レ・マッキオーレ」

レ・マッキオーレ

レ・マッキオーレ

カヴェルネフラン100%のワイン・パレオで世界に名を馳せたレ・マッキオーレを訪問。

葡萄

畑のカベルネフランもすくすくと育っている様子。たくさんの蕾が開花を待つ。これがパレオになるのだ。

オブジェ

この芸術作品は、ノーベル文学賞を受賞したジョズエ・カルドゥッチの記念碑。

葡萄畑

トスカーナの西に広がるティレニア海の海岸まで8キロもあるかないかという海沿いの畑は、標高が低くて平地。トスカーナ内陸とはかなり違う畑である。

発酵タンク

発酵タンクはステンレスとセメント。

発酵タンクステンレス

今日はボトル詰めのためにワインを移動させていた。度々、醸造施設に入るとふわ~んと発展途上のワインの香りがするが、この日は完成したワインの香りがしていて、とても心地が良い。

ボトル詰め

ラベルを貼って、箱詰め作業。ラベルは機械だが、包装紙に巻きと箱入れは手作業。お疲れ様です。

たる貯蔵庫

地下の温度・湿度管理された樽貯蔵庫。フランス製オーク材のバリックのみ。

セラミック

ここでもセラミックで熟成したワインを実験中。この手のワインは、トスカーナの特にビオやビオディナミワイナリーで流行っているけれど、うーん レ・マッキオーレのものはどういう味になるのか、楽しみである。

試飲ボトル

試飲は下から2種類、3種類、4種類と、試飲するボトルで料金が変わる。

  • メルロー100%のメッソーリオ
  • シラー100%のスクーリオ
  • カベルネフラン100%のパレオ
  • ボルゲリロッソ(上記3種を混ぜたもの)
試飲

ボルゲリロッソは2015年。2015年から、シラー20%ではなくシラー10%とカベルネ・ソーヴィニヨン10%となった。草、果実、そして時間が経つと黒胡椒と、変化が面白い。草と果実の間に何かがあるのだが、うーむ。修行不足じゃ。

どのワインもお家でゆ~くり時間をかけて味わいたいのぅ しかし、お値段が・・・。手間と愛情がかかっている分のお値段とは重々承知ではあるが、メッソーリオ2本で息子のサッカー教室払えるで。

黒板

黒板にメッセージを書き残すことができる。『Ici je suis ailleurs』とフランス語で書いてあるが、ここでは私は違うところにいますというような意味?フランス人へのボルドーとは違うでって警告?

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest

関連記事