アンギアーリとコルトーナツアー(3)

リネン商品で有名なブサッティ本社訪問。

アンギアーリ とコルトーナツアーは、コルトーナでフラ・アンジェリコの「受胎告知」を堪能し、レオナルド・ダ・ヴィンチの幻の壁画「アンギアーリの戦い」の舞台となった アンギアーリ を訪れるツアーである。

ブサッティ社訪問

ブサッティ店内

アンギアーリにある気になるお店といえば、コットン・リネンの商品を生産するブサッティ社。

ブサッティ社のテーブルセッティング

大好きなお店。いつの日か、こんな感じでテーブルセッティングしたい!ピンクの春バージョンのセッティングもあって、楽しすぎる!

ブサッティ社海シリーズ

この海シリーズもたまらん。夢が広がるわ〜。
ブサッティ社は世界中に多くの支店を持つ。フィレンツェにもお店がある。Busatti -Via San Niccolò 48
日本では大丸が仕入れていると聞く。どこへ行っても手に入るブサッティの商品なのだが、このアンギアーリ店が本社で、工房を見学させてもらえることがある。

ブサッティ社工房

年代物の織り機。経糸と横糸の仕組みがいまいちわからないが、ガッシャンガッシャンとすごい勢いで動いていた。

ブサッティ社の糸織機

非常に多くの糸が合わさって複雑な柄を生み出す。
ブサッティの商品の特徴は、その色にある。様々な色合いの商品があるが、すべて草花など自然のものを材料として染色したもの。だから優しい発色である。葡萄の皮から染色した通称「ブルネッロ」と呼ばれるワインレッドの糸もあり、めっちゃ惹かれる〜。織った布に色をつけるのではなく、糸に色をつけて織る。だから、色が長持ちするのだそうだ。
素敵♪素敵♪と買い物をしてアンギアーリを後に、次の目的地へ。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest

関連記事