home>オルチャ渓谷ツアー>

サン・クイリコ・ドルチャ

サン・クイリコ・ドルチャは、モンタルチーノとピエンツァの間に位置する、中世の城壁に囲まれた町です。カップチーニ門をくぐると、ひっそりと佇む中世の町が現れます。今では静かな田舎町ですが、サン・クイリコ・ドルチャは、ローマへの巡礼の道フランチジェーナ道とローマとフィレンツェを結ぶカッシア街道が通っていたため、中世にはとても栄えた町でした。

サン・クイリコ・ドルチャ1サン・クイリコ・ドルチャ2

町の教会コレッジャータは、12世紀末に建てられたロマネスク様式の教会です。13世紀に造られた入り口はゴシックを残し、内部は16世紀に改築されたためバロック様式を残す、歴史の流れを感じることのできる教会です。

サン・クイリコ・ドルチャ4サン・クイリコ・ドルチャは観光客で賑わう町とはいえませんが、町のメインストリートであるダンテ・アリゲーリ通りには、レストランやカフェ、お土産屋さんが数件並んでいます。オルチャ渓谷の土質から生産に適している作物は、オリーブ、ワイン用ぶどう、そして穀物です。

クラフトビールサン・クイリコ・ドルチャにはクラフトビールのお店があります。オルチャ渓谷の大地で育つ小麦から造られたクラフトビールは、3種類。エレガントなボトルはデザイン賞も受賞しています。一口ですが1種類1ユーロで試飲もできます。

サン・クイリコ・ドルチャ5巡礼の道フランチジェーナ道(現・ダンテ・アリゲーリ通り)が町を通っていたこともあり、巡礼者用の宿泊施設もありました。13世紀に建てられたSpedalle della Scalaは、シエナにあるスカラ病院の荘園でもあったこの建物は、当時、たくさんの巡礼者をもてなしました。中庭にある井戸は15世紀のものです。

町を歩いていると、井戸が多いことに気づきます。これは、その昔、町の近くにオッセンナという水路が流れていたからでしょうか。17世紀まで、この町はオッセンナのサン・クイリコと呼ばれていました。

サン・クイリコ・ドルチャ6サン・クイリコ・ドルチャ7

ヴィタレータの聖母マリア教会こと聖フランチェスコ教会は、もともと存在したフランチェスコ宗派の僧院あとに、1867年から1870年にかけて新たに建設されました。アンドレア・デッラ・ラッビアの「お告げの聖母マリア」が保存されています。この教会のヴィタレータの聖母マリア礼拝堂は町から少し離れた場所にありますが、礼拝堂のある風景はオルチャ渓谷のシンボルのひとつとなっています。

サン・クイリコ・ドルチャ8サン・クイリコ・ドルチャ9

町には「オルト・レオーニーニ」と呼ばれる美しいイタリア式庭園があります。16世紀に、ディオメデ・レオー二はメディチ家より与えられた土地にフィレンツェで生まれたイタリア式庭園を造りました。入り口から奥へいくほどと広がる土地に幾何学模様に低く刈り込まれた低木を植えることで、庭園は実際よりもより広く感じられます。また、中心に低木を、縁に常葉樫の高木を植えて、高低を表しています。これらの手法は、遠近法を取り入れたルネッサンス時代の特徴です。庭の中心には、メディチ家コジモ3世の像が私たちを迎えます。

サン・クイリコ・ドルチャ10サン・クイリコ・ドルチャ11

手入れされた庭園をさらに奥に進むと、入り口の手入れされた庭とは対照的な、自然を残した散歩道があります。散歩道の階段を上ると、カセッロ塔の跡があります。元は39mの高さでしたが、第二次世界大戦で破壊されました。廃墟はいつの間にか自然と融合して、美しい絵となっています。

サン・クイリコ・ドルチャ12サン・クイリコ・ドルチャ13

サン・クイリコ・ドルチャ14村の入り口にある13世紀に造られたカップチーノ門が旅人を迎え入れます。

→ビデオで見るサン・クイリコ・ドルチャ

サン・クイリコ・ドルチャ