オルチャ渓谷でペコリーノチーズランチ

オルチャ渓谷で農家ランチを。

オルチャ渓谷で農家ランチ
雄大な大地オルチャ渓谷。午後2時。11月と言うのに暖かい日が続いたので、この景色を眺めながら外でランチを。

スープ
流行りのエイデブルフラワーが飾り付けされたスープ。色合いがお洒落。クルトンの代わりにジャガイモのチーズボールも、いい案だ。


訪問先はチーズ農家なので、チーズ盛り合わせ。生乳で作られるチーズは、コクがある。熟成しているチーズがコクがあるのは当たり前だが、若いチーズさえも味が深い。味が濃いのではなく、深いのである。ペコリーノ(羊の乳)とカプリーノ(ヤギの乳)に加え、ペコカプリーノ(羊とヤギの乳)のチーズも!ペコカプリーノは、こちらの農家の新製品で、すごく美味しい!
真ん中の赤い玉はイチゴノキ。真っ赤な色が綺麗。この実が食べれるとは、知らなかった。マンゴーのような、野いちごのような、想像以上に美味しい。

ペコリーノのリコッタで作ったティラミス
プリモの農家産のパスタでお腹いっぱいと思っていたが、デザートのティラミスは、カフェがたっぷりで軽くてペロリと食べてしまった。こちらのティラミスはマスカルポーネチーズを使用せず、代わりにペコリーチチーズのホエーからつくられたリコッタチーズで。だから重たくならない。個人的には、ティラミスもチーズケーキもリコッタチーズの方が優しい味で好き。

ピエンツァのドゥオモ
食後は、世界遺産の町ピエンツェを散策。夕闇の青に、白い大聖堂のファザードが美しい。

ピエンツァの町クリスマス
すでにクリスマスの飾り付けも。いつ訪れても手入れの行き届いた、さすが理想郷だと感心するのである。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest

関連記事