初春のピエンツァ

春のピエンツァへ。

オルチャ渓谷の春

オルチャ渓谷に春の到来を告げるアーモンドの花
霞に包まれた丘陵地も、少しずつ緑の衣装をまとい始める。

ピエンツァの門

町への門では今日も天使が祝福を与え
理想郷の中へ入ってい行く人々を見守っている。

ピエンツァ広場

観光客もまばらなピオ2世広場
ピオ2世は15世紀のローマ教皇、この村をルネサンスの理想都市として改築した。
レンガ色と白色の幾何学模様が理をあらわしているのか
500年の歳月が過ぎた今も、永遠の美しさを誇る。

ピエンツァ教会内部

修復を終えた被昇天の聖母マリア大聖堂
別名、光の教会
その名の通り、内部は光であふれている。

ピエンツァ広場市庁舎の塔

市庁舎の塔

あれ?!どっかで見たことあるぞ?
フィレンツェのものに似ている。

ピエンツァの市庁舎の柱廊

日差しを避けて柱廊で一休みする人々はおらず、
柔らかな光の中では、皆、太陽を求めて歩き回る。

ピエンツァのレストランのある広場

裏の広場のレストラン
4月の復活祭までのしばらくはのんびりと、だが営業中。

ピウス2世紋章

ここはローマ教皇ピオ2世の町
その証拠に、教皇とピオ2世の紋章があちらこちらで存在を主張する。

ピエンツァの通り

通りから、オルチャ渓谷の景色を眺める。
教会の獨逸風の白い鐘楼と深緑の糸杉が、競うように天に伸びる。
糸杉はオルチャ渓谷のシンボル

ピエンツァからの景色

巡礼の道、商業の道、中世からの道が波打つ丘陵地を抜けて。
すべての道はローマに続く

ピエンツァのメインストリート

村のメインストリート
建築家の名前をとってロッセリーノ通りと呼ばれている。

春のピエンツァ

花があふれる村
壁に掛けられた大好きな色合いのパンジーが
春がそこまで来たことを教えてくれた。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest

関連記事