世界遺産を写真に撮ろう

オルチャ渓谷を写真に。

オルチャ渓谷を写真に

住民にとってはようやくの恵みの雨も、観光客にはちょっと困りもの。それでもなんとか雨を避けて、しかし雲が覆う空の下、クレーテ・セネージとオルチャ渓谷写真ツアーへ。

 

オルチャ風景

うっすらとかかる霧で重なり合う丘陵地がぼんやりと霞む。時折、雲の合間から差す光が幻想的。

糸杉の家

糸杉邸。よかった、少しの青空が見えて。

ペコリーノチーズ

ペコリーノチーズはオルチャ渓谷の特産品。特にピエンツァは、ペコリーノチーズのお店が多い。店内には熟成の異なるチーズがずらりと並び、美味しい匂いが漂う。オルチャ渓谷のペコリーノはまろやかで美味しいのだ。

ピエンツァのドゥオモ

人文主義者であったピウス2世の思いが詰まったトラヴァーチンの白が美しいピエンツァのドゥオモ。

ピエンツァ建物

ペコリーノチーズのお店でお客様が思案中に、お店の方としばしお話。『日曜日で観光シーズンは終わったわ。あとはクリスマスシーズンを待つだけね』と、その通りに訪れる人も少ない。

イタリア世界遺産

行き交う人々が少ないので、ゆっくりと広場の幾何学模様が楽しめる。

ピエンツァの階段

この階段が好き。糸杉が好き。ここからの景色が好き。

ピエンツァメインストリート

月曜日の昼食時間。人もまばら。

猫

人はいなくとも、猫はいる。これ、トスカーナの田舎村のあるある。

ピエンツァ市役所

市庁舎の入り口でピエンツァの紋章。よく見ると可愛い。

オステリア

日の光が綺麗に当たっていたオステリア。今の時期はゼラニウムが見事に咲いている。

ピエンツァ遠景

外から見たピエンツァ。独逸風の白い鐘楼が御伽話しに出てくるよう。まわりの糸杉とも調和している。

モンティッキエッロ

オルチャ渓谷の小さな村。大好きな菩提樹の広場。

カシの木

300年?400年?の樹齢の大きな柏。どんぐりも一杯落ちている。

バーニョヴィニョーニ

温泉の村バーニョ・ビニョーニで。

バーニョヴィニョーニ店

秋、ハロウィン、巨大かぼちゃ。オレンジと緑の椅子とのコントラストが効いている。

糸杉

秋と糸杉。オルチャよ、今日も1日ありがとう。次に会えるのは、いつかな?また近いうちに戻ってくるよ。バイバイ。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest

関連記事