向日葵

8月のトスカーナの向日葵。

向日葵畑

 

8月初旬、トスカーナの向日葵を求めて旅に出た。例年は、8月は向日葵の時期としては少し遅い。しかしながら、今年は冷夏なのでどこかで出会えるのではないかと期待してツアーに出た。

太陽へ向かって伸びる向日葵は夏の象徴。ひまわりのイタリア語は「girasole」。イタリア語でも太陽へ向くという意味がある。向日葵といえば、ソフィア・ローレンとマルチェッロ・マストロヤンニの主演の映画。陽気なひまわりと物語の哀しさの強烈なコントラストが印象的で、向日葵を見るたび、ふとせつなくなる。

 

8月のトスカーナの向日葵

 

トスカーナでも向日葵畑をあちらこちらで見ることができる。
「あ、向日葵!」と一面に広がる畑を見つけても、み~んな反対方向を向いていることも多いが、ここはちょうど私たちの方を向き、小丘になっているので迫力もある。(私の写真の腕では表現できないけれど・・・)

 

向日葵の丘

 

写真は8月10日ごろ撮影。例年は7月中旬から咲き出すが、今年は少し遅めであった。そして、今年は向日葵、次は小麦といったように連作は好まないようだ。

太陽に向かって背伸びするような勢いの花も、今頃は「しゅん」と下を向いてしまい、枯れはじめているだろう。花を楽しんだあとは、カラカラに乾かされ食用油として活躍してくれる。
向日葵よ、また来年!

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest

関連記事