イタリアの高校

トスカーナ州学校開始

9月15日、今日からトスカーナ州の学校もようやく新学年が始まった。イタリアの学校はいつも3ヶ月ほどの夏休みがあるのだが、今年は自宅でのオンライン授業が長かったため学校に戻ったのは半年ぶりぐらい?もうよくわからないが、とにかくかつてないほどに久しぶりである。

イタリアの高校は5年制で、我が家の子供達は高校4年と5年と高校生活のラストスパートに入る。

今朝、娘は少し早めに家を出た。理由は、教室の席取り。なんと、席は自由で早い者勝ちらしい。そして一度決まると、1年中、ほぼ同じ席なのだそうだ。

子供達が帰宅したので席取りの結果を聞くと、娘は友達とともに希望していた最後列に陣取ることができたらしい。

一方、息子はというと、彼と同じようにのんびりして、これまた彼のように体が細い友人とお喋りしていたら、ほかの学生達の波に押されて気づいたら教室の階を間違えていたという。そして慌てて正しい教室に着いた時、残っていた席は最前列だったそうだ。まぁ、母としてはその方がいいけれど、あまりにもらしくて笑ってしまった。

トスカーナ州学校開始

娘の日課となっていた犬の散歩も今日からは親の役目となる。面倒臭いと思いながらも出かけてみると、良い気分転換だ。

いつもの道も勝手に名付けて歩いていると楽しくなる。ここは寂れた煉瓦なのでイギリス通りだ。煉瓦の隙間に咲くタンポポの逞しさに感心しながら、犬の後を追う。

犬と道

木々のアーチをくぐるから、ここはアンの小道。落ち葉が風に舞うのを見て、すでにやってきた秋を思う。秋の到来といえば、この辺りはそろそろ金木犀の香りが漂ってくるはずだが、はて?今年はまだのようである。

子供達はまた忙しい日々が始まる。早起きや宿題と学校生活の調子を取り戻して、どうか1年が無事に過ぎてくれることを願って止まない。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest

関連記事