猫の日と、明日はフィレンツェの市立美術館無料

6月のオルチャ渓谷 クレテ・セネージへ。

イタリアの猫の日

2月17日は、イタリアの猫の日。

オルチャ渓谷の猫

だから?

モンティッキエッロの猫

何をするわけでもなく。

トスカーナの猫

だって、うちにいるのは犬なんだもの。

モンテプルチャーノの猫

 でも、つい写真に撮っちゃう。

モンテフィオラッレの猫

 外で見かけるこの子たち、たまらん可愛いんだもーん。

コッレの猫

 黒猫大好き!前を横切られても、全然平気!

猫の日は、「Tuttogatto すべて猫」という雑誌で猫にふさわしい日を購読者が選んで決まったそうだ。なぜ2月17日かというと、民間の諺で2月は猫と魔女の月、17という数字は不吉だから。ローマ数字で17はXVII、これを並び替えた言葉VIXIは「生きた」という意味で石棺に掘られたそうだ。とにかく猫のイメージって、魔女とか死とか不吉なんだね。中世でも悪魔が罪人の心をつかむように猫が鼠を捕まえると、悪魔と比較されている。病原菌を運ぶ鼠を捕まえるので重宝されていたはずなのに。

ピティリアーノの猫

猫たちからのお知らせ。


2月18日、フィレンツェは市立美術館の入場が無料だよ。市立美術館ってどこって?

ソラーノの猫

ヴェッキオ宮殿とか、メディチ家礼拝堂とか、サンタマリアノヴェッラ教会とか、
ノヴェチェント美術館とか、バルディーニ美術館だよ。

イタリアの猫

メディチ家礼拝堂のミケニャンジェロなんかいいよね。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest

関連記事