花満開キャンティ地方の宿

花満開キャンティ地方の宿

ぶどう畑
キャンティ地方のB&Bは、丘陵に植えられた葡萄畑の畝を超えて到着する。6月にお客様2組をご案内した宿である。
花満開キャンティ地方の宿
入り口の門を入り、玄関へ向かう。私はいつもここの門をくぐると、なぜかしら物語の世界へ入る気分となる。不思議な国のアリスとか、秘密の花園とか、ピーターラビットとか。何がそうさせているのだろう?置物が素敵だから?石造りの家?芳しい花の香り?
外のテーブル
こんなテーブルで食事をしたら、きっと素敵だろうな。
バラ
香りの良い蔓薔薇が満開である。宿のマダムが名前を教えてくれたのに、忘れてしまった。すごくいい香り。

朝食のテーブル。生活するだけで精一杯の私だけれど、いつかはこんな食卓で朝食を食べたい。少しずつ揃えていけばとは思うのだが、食べ盛りが2人もいると、少しずつさえままならない。今は素敵なものを見て、頭に記録させるに留まろう。
棚
ここの宿は、どんな細部も私の琴線に触れまくりで、この戸棚なんてもう最高に好き!

うちの旦那は「何もない」というのが好きなタイプである。私は、反面、物が置かれているのが好きである。物があるのに決して雑多な印象を与えない、この絶妙な調和がなかなか難しい。
部屋
今日のお部屋は天蓋付き。宿にある3つのお部屋。それぞれに個性があるので、どれにしようか迷ってしまう。
庭
キッチンへ続く扉。天気の良い日の夕食は、キャンドルに灯されたお庭のテーブルにて、マダムの手作りトスカーナ料理をいただく。

日々の喧騒を忘れて、五感を休める宿。

ブログランキンに参加しています。よろしければ応援クリックお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
Share on facebook
シェア
Share on twitter
ツィッター

キアンティ地方の宿

素敵なアンティークに囲まれた宿
ツアーページへ

easyfirenzelogo

キャンティ地方の天気

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest

関連記事