ヴォルテッラって、どんなとこ?

ヴォルテッラは人口約11万人強のトスカーナ州ピサ県にあり、ローマに続きもっとも歴史のある町の一つです。紀元前8世紀から定住したエトルリア人が起源の町でエトルリア語でVelathriヴェラトゥリ 『高さ』と呼ばれていた通り、標高555mの高台にあります。紀元前3世紀に古代ローマの同盟市となった時にVolaterraeヴォラテッラエと改名されました。Volaterraeヴォラテッラエはvolareヴォッラーレ(飛ぶ)とテッラ terra(大地)で『飛ぶ大地』『という意味がありますが、ある高い丘の一番高いところに建てられた町』とスタンダールが記したものうなずけます。

ヴォルテッラ展望ヴォルテッラ中世の館ヴォルテッラ街角

エトルリア時代のヴォルテッラは、エトルリア12都市の一つとして栄えていました。そして、銅や銀、塩、みょうばん、アラバスターなど様々な鉱物の産地でもあったことでも経済の発展に繋がったのです。 ヴォルテッラの魅力は、一つの町に同時に、紀元前8世紀から紀元前2世紀のエトルリア時代、その後の古代ローマ時代、そして中世の工夫、技術を今も見る見ることができる数少ない町です。

ヴォルテッラ町並みヴォルテッラ坂ヴォルテッラ花

また、古くはルキノ・ヴィスコンティの映画『熊座の淡き星影』、最近では『鋼の錬金術師』の舞台にもなりました。人間の女の子と吸血鬼の男の子の恋愛物語である『ニュームーン トワイライト・サーガ』の小説で吸血鬼の世界との連絡口もこの町にある設定でした。連絡口のマンホールがある小路は、おどろどろしたいかにも、という感じの通りです。ヴォルテッラは中世の趣を色濃く残したトスカーナの町の中でも、独特の雰囲気があります。

夕暮れの影キリスト降架ヴォルテッラ市庁舎

ヴォルテッラの地図へ

古代ローマ時代劇場・テルメ跡 Teatro Romano/Via Francesco Ferrucci
古代ローマ劇場跡紀元前1世紀から紀元1世紀にかけて建築された古代ローマ時代の半円形劇場と、劇場が衰退してから造られたテルメ跡が残っています。この遺跡は、長い間、土砂の下に埋もれていましたが、1950年代になってようやく発掘されたのです。古代ローマの劇場の観覧席は通常は新たに造られるのですが、この劇場は古代ギリシアと同じく、もともとあった地面の傾斜を利用して造られおり、1,800人から2,000人を収容できました。丘の上から見学できますが、中に入ることも可能です。
開館時間: 3月14日からの11月1日まで毎日:10:30-17:30
11月2日から11月30日まで土曜日と日曜日のみ:10:00-16:30
12月1日から1月8日まで毎日:10:00-16:30
1月9日から3月13日まで土曜日と日曜日のみ:10:00-16:30
12月25日は休館、1月1日は12:0-16:30
入場料:5ユーロ、6歳から16歳3ユーロ、6歳以下無料
市庁舎 Palazzo dei Priori
円形劇場広場『コミューネ・自由都市』の象徴となる市庁舎は、1208年にリッカルド・ダ・コモにより建設が始まりました。3階の双窓が連なる市庁舎はトスカーナでは一番古いものですが、自由都市を謳歌していたヴォルテッラも、1472年にはフィレンツェの支配されます。その時の名残が、正面に飾られている歴代の行政官の数々の紋章です。14世紀に描かれたフレスコ画が見事な会議室は現在も一部は市役所として使用されています。市庁舎は、1階の会議室と評議会室、最上階の展示室、パノラマの楽しめる鐘楼を見学することができます。
開館時間:
3月の第2月曜日から11月の第1日曜日まで:10:30-17:30
11月の第2月曜日から3月の第1日曜日まで:10:00-16:30
入場料:5ユーロ、6歳から16歳3ユーロ、6歳以下無料
聖母マリア様教会 Puccini Museum / Corte San Lorenzo,9
ヴォルテッラドゥオモヴォルテッラは、5世紀には広大な範囲を司る司教区となり、その頃に現在のドゥオモの元となる教会が建築されました。今見ることのできる教会は1120年に献堂式が行われ、13世紀中葉に増築されました。内部は、16世紀に修築されています。修築の際に造られた大聖堂の空と呼ばれる格子天井も見事です。また、13世紀の木製の『キリスト降架』は、この時代に作られた最も貴重な木像なのです。
メディチ家要塞 La Fortezza Medicea
メディチ家要塞1474年、フィレンツェを実質支配するメディチ家がヴォルテッラを支配下に置いた時に、時の支配者ロレンツォ・デ・メディチの命により造られた要塞です。フィレンツェがヴォルテッラを支配する狙いは、明礬が取れる鉱山があるためでした。高台にあるヴォルテッラの一番高い場所に要塞が築かれました。現在は刑務所として使用されているため内部に入ることはできませんが、今もなお、牢固たる姿でヴォルテッラの町とその周辺を見下ろしています。
エトルリア門(アーチ門) Porta all'arco/
エトルリア門エトルリア人によって造られた門が残っています。オレンジ色をした砂岩で出来た部分は紀元前4世紀に、灰色の石灰岩のアーチとアーチを飾る頭部の3つ彫刻は紀元前3世紀から紀元前2世紀のものです。彫刻は海風によって風化していおり、何を表していたのかわかっていませんが、おそらくエトルリア時代の三神ではなかったかと憶測されています。
アーチ門は13世紀の城壁に組み込まれていますが、約2,500年の歳月が過ぎた今も、重厚な姿を私たちの前に見せてくれます。一つ一つの石の大きさにも驚かされます。
エトルリア・グアルナッチ博物館 Museo Etrusco Guarnacci
考古学博物館グアルナッチ博物館は欧州でも一番古い博物館の一つで、1761年にグアルナッチ修道院長が自身の考古学コレクションと蔵書5万冊を、ヴォルテッラ市に寄付したことから始まります。
トスカーナの起源となるエトルリア時代の陶器や主に石棺が多く収蔵されています。何よりも見事なのが、紀元前3世紀の青銅像『Ombra della Sera/夕暮れの影』ではないでしょうか。長く伸びた影のような像は、まるで現代アートと言われても頷ける作品です。

開館時間:
3月の第2月曜日から11月の第1日曜日まで:9:00-19:00
11月の第2月曜日から3月の第1日曜日まで:10:00-16:30
入場料:8ユーロ、6歳から16歳6ユーロ、6歳以下無料
市立美術館 Pinacoteca e Museo Civico/Palazzo Minucci Solaini,Via dei Sarti 1
国立美術館13世紀から16世紀にかけての絵画が展示されています。一番の見どころは、ロッソ・フィオレンティーノによる『キリスト降架』です。ロッソ・フィオレンティーノは後期マニエリズム時代の画家で、その中でも奇抜な画風が特徴です。しかし、マリエリズム派の美術をフランスへ伝える役割を果たした画家でもあります。赤い髪を持つフィレンツェ出身の画家はロッソ・フィオレンティーノと呼ばれるようになりました。『キリスト降架』は彼の代表傑作の一つです。他、ギルランダイオの『栄光のキリスト』、ルカ・シニョレッリの『受胎告知』『聖母子と聖人』も所蔵しており、興味深い美術館です。
開館時間: 3月の第2月曜日から11月の第1日曜日まで:9:00-19:00
11月の第2月曜日から3月の第1日曜日まで:10:00-16:30
休館日:12月25日、1月1日
入場料:8ユーロ、6歳から16歳6ユーロ、6歳以下無料

ヴォルテッラのお土産

ヴォルテッラは、アラバスターと呼ばれる鉱物で作られる工芸品が有名です。 アラバスターは漢字では雪花石膏と書き、その文字の通り雪のように透き通る白い色が特徴です。宝石入れや宝飾の他に、大理石よりも透明度が高いので、ほのかに光を通すことからランプにも使用されます。果物や猫などの置物、飾り皿など、職人が腕を競い合った工芸品が並ぶお店をみるのも楽しいものです。

アラバスター1アラバスター2アラバスター3

ヴォルテッラの特産物

ヴォルテッラの特産物は、岩塩、DOP(原産地名称保護制度)に認定されているペコリーノチーズがあります。またトリュフが取れることでも有名です。

ヴォルテッラの塩トルデッリ

ヴォルテッラのお祭り

『Volterra ad 1398』は、8月の第3・第4(または第4・第5)日曜日に開催される中世のお祭りです。町中では、中世の衣装を着た人々が屋台をだし、広場では騎手団が技能を競い合い、公園では騎士の戦いが開催されます。1389年という中世の真っ只中にどっぷりと浸ることのできる1日です。

ad1389店ad1389町中ad1389戦闘

『Volterra Gusto』 は、10月末から11月初旬にかけて開催される食の祭典です。トリュフやペコリーノチーズ、はちみつなど、ヴォルテッラ近郊で生産された様々な食品が集まります。 10月の第3日曜日の午後からは、ペコリーノチーズ転がし大会(パリオ・デル・カッチョ)も開催されます。

ヴォルテッラグスト会場内ヴォルテッラグストトリュフお祭り

フィレンツェからヴォルテッラへの行き方
フィレンツェ・サンタマリアノヴェッラ駅から電車で約1時間、ポンテデラ駅までいきます。それから、バスで1時間20分、ヴォルテッラへ行きます。

ポンテデラとヴォルテッラ間往復のバス時刻表へ

または、フィレンツェからバスを利用して、コッレ・ディ・ヴァルデルザへ行き(65分)、そこからヴォルテッラ行き(50分)に乗り換えます。

フィレンツェからコッレ・ディ・ヴァルデルザへのバス時刻表ページへコッレへのバス

コッレ・ディ・ヴァルデルザからフィレンツェへのバス時刻表ページへコッレからのバス

フィレンツェのバス停:Via Santa Caterina da Siena

※バス時刻表のFerialiは月曜日から土曜日、Festivoは日曜日です。
※チケットはバスの中でも購入できます。
※バス停のチケット売り場は1月1日、イースター、5月1日、12月25日は休業です。

コッレ・ディ・ヴァルデルザとヴォルテッラ間往復のバス時刻表へ

ヴォルテッラとサンジミニャーノへ専用車(ハイヤー)行くツアーは、コチラからピサルッカツアー
メルセデスベンツの専用車(ハイヤーNCC)で、ご宿泊ホテル発着ヴォルテッラとサンジミニャーノを訪れるツアーです。イタリア政府ライセンス日本人ガイドがご案内致します。

ページ
トップへ