グッチ・ジャルディーノ25

フィレンツェのバール巡り11【グッチ・ジャルディーノ25】

グッチ・ジャルディーノ25

シニョーリア広場にあるグッチ・ガーデンの隣に、2月14日にオープンしたばかりのグッチのバール「ジャルディーノ25」へ行ってきた。

グッチ・ジャルディーノ25カウンター

とても小さなお店で落ち着いた雰囲気だ。カウンターでもお茶を飲めるが、久しぶりに会う友人もいたのでせっかくなので座って楽しむことにした。 

グッチ・ジャルディーノ25店内

大理石のテーブルに、ピーコックグリーン(孔雀を彷彿とさせる色合いとでも?)の椅子と、寄木細工の床に辛子色の壁・・・洗練されたフランスのビストロ風だとか。ちょっとアナ・スイを彷彿とさせる、シックでありながら怪しさもある家具が独特の雰囲気を演出している。

テーブル

化学瓶のような花瓶に活けられたフリージアとラナンキュロスの原色。八重のラナンキュロスというのがこれまた妖しい。ガラスのキューブに書かれたQRコードがメニュー。今、どこもQRコードメニューだね。でも、調子が悪いみたいで紙メニューを持ってきてくれた。ITは便利なようで不便でもある。

グッチ・ジャルディーノ25メニュー

こちらがメニュー。私としたことが!この日!老眼鏡を忘れた!カプチーノを注文し、2,8ユーロとは意外と安いと思っていたら、着席しない場合の料金だった。2,8ユーロの横の値段6ユーロまで目が辿り着かなかったから、支払いでドキッとしたや。へへ!

まぁ、シニョーリア広場で座ってお茶したら、お値段はこんなもんかな。

カプチーノ

お茶メニューは、はっきり言ってそれほど惹かれない。お隣にやってきたケーキ類も見た感じそれほど、だった。ただ珈琲はとても美味しかった!繊細なジノリの器で頂けるのも嬉しい。

グッチのお砂糖

昔のグッチカフェではお砂糖がGの形で可愛かったが、今のグッチはこんな秘密結社のような感じ。

グッチ・ジャルディーノ25トイレ

トイレが素敵!思わず写真を撮ってしまった。蛇口のお水の出し方がわからずに、お店の方に来てもらった私。こんな私のような方のためにお伝えします。蛇口の下部に黒いボタンがありますので、それを押して下さい。自動ちゃうんかーい!と心の中で突っ込んだわ。

このお店は、私が勝手に思うに、お茶をするというよりは、アペリティーボをするのに向いているのかもしれない。

最近、フィレンツェでもミクソロジーといったカクテルが流行している。そしてフィレンツェ生まれのカクテル「ネグローニ」を自己流で出すところが多く、ここも「ネグローニの記憶」というゆずの日本酒が入っている紫色のカクテルが看板のようだ。今度は夕暮れ時、カクテルに挑戦したい。

Gucci Giardino 25
Piazza della Signoria 37r

この記事をシェアする

Facebook
Twitter
Pinterest

関連記事