チンクエテッレとポルトヴェネレ

冬のチンクエテッレとポルトヴェネレ

冬のチンクエテッレとポルトヴェネレは、お天気が勝負。いつもドキドキしながらツアー日を待つのである。

ラ・スペッツィア

(ラ・スペッツィア)

そんな心配とは裏腹に、素晴らしい天気に恵まれた1日!フィレンツェから車で2時間強でリグリア州に到着。港町ラ・スペツィアを越えて、チンクエテッレへ!

チンクエテッレの5つの村のうち、ツアーで訪れるのは厳選した3つの村、リオマッジョーレ、マナローラ、ヴェルナッツァ。

冬のチンクエテッレとポルトヴェネレ

5つの大地と呼ばれるチンクエテッレに来たのだから5つ全てを見たいと思うのも尤もだが、言ってしまえば5つともよく似た漁村である。時間の余裕があれば別だが、どれか選ぶとするなら写真的にも私ならこの3つ。高台にあるコルニーリアも素敵ではあるが、いかんせん高台まで行くのが面倒である。

マナローラ

本来ならばリオマッジョーレとマナローラを結ぶ海岸沿いに設えられた「愛の小道」を散策するのだが、未だに修復中である。再オープンをする気があるのか?唯一の経済資源である観光業に対しての行政の評判が非常に悪いチンクエテッレのことである。「愛の小道」なしでも観光客がうじゃうじゃ来るのだからいらないか、と修復費をケチっているに違いない。マナローラからの眺め

マナローラには、海岸沿いを歩く短い散策道がある。短いが、素敵である。

マナローラの坂道

お客様がレストランで昼食を召し上がっていらっしゃる間にパニーノを頬張って、さらに高いところへ。階段を上がりに上がる。途中、シャッケトライルと書かれたシールを見つけた。シャッケトライルとは、チンクエテッレ間の崖を登ったり降りたりして、葡萄畑の中を走りワイナリーを訪問するという素晴らしい企画なのである。これだけ読むと、参加したい!と思う方もいらっしゃると思う。私もそうである。しかし、距離をチェックすると47キロ!マジっすか!

2018年は3月24日開催です。ご興味のある方は、シャッケトライルのフェイスブックをご覧ください。

https://www.facebook.com/sciacchetrail/

マナローラを高台から

マナローラを上から撮る。レゴの家みたい。

マナローラの小道

チンクエテッレは路地が多い。どこに続くのか、気になる小道がたくさん。

マナローラの教会

高台の教会にある絵だが、ウフ。トスカーナにある私のお気に入りのレストランのオーナーに似ているキリストが、なんだか色っぽいから撮ってみたよーん。

ヴェルナッツァ

マナローラの後は、ヴェルナッツァへ電車で移動。この高台からの風景は、3つの村の中でも一番人気。観光シーズンになると、この景色を眺めながら食事ができるレストランがオープンする。たどり着くまで歩くが、待ち遠しい。

ヴェルナッツァの街

ハイシーズンにはごった返す通りも、ご覧の通り。それでも見かける観光客のほとんどが、旧正月の休暇でやってきた中国人団体。チンクエテッレは彼らには人気なんだね。

ヴェルナッツァの家

人様の洗濯物にカメラを向けるのは気がひけるが、洗濯物も含めて絵になる。洗濯物に下着が見当たらないのをいいことに、失礼してパシャリ。

ヴェルナッツァのお土産

海のモチーフのお土産が多い。
これらをシリーズでお風呂場に飾りたいなぁ。楽しいお土産がたくさん売っていて迷ってしまうや。

ヴェルナッツァを後にポルトヴェネレへ移動する。

ポルトヴェネレメインストリート

映画の舞台ような大通り。素敵としか言いようがない。

ポルトヴェネレの洞窟

大通りを抜けて、岬へ。風が強いわけではないが、岩にぶつかる荒波が冬の海の厳しさを語っている。映画の始まりのようなざっぶーんッとした波を背景に、カメラに向かってポーズを取る妻を夫が連写するのはロシア人年配ご夫婦。なんつーか時代遅れな感じがたまらん絵になる。

それはさておき、岬にある教会を見学したら高台の城塞へ。

ポルトヴェンレの坂

それほどの高さではないが、階段を上がると息が切れた。

サンピエトロ教会

岬の先にはサン・ピエトロ教会。

サンピエトロ教会

サン・ピエトロ教会の内部。サン・ピエトロという名のつく教会は数多くあるが、ローマへの巡礼の道に沿って多い。ということは、ポルトヴェネレも巡礼地への通り道だったのだろうか?

調べてみると、サンティアゴ、ローマ、さらにはエルサレムの三大巡礼地への海路であったらしい。

聖ロレンツォ教会

写真のサン・ロレンツォ教会は、リグリア州ではジェノヴァのドゥオモに続いて、所蔵する聖遺物の数が多いのだそうだ。

風もなく穏やかな1日で、写真日和であった。午後にはアメリカ人なぞは半袖Tシャツで歩いていたからさすがにそれには驚かされたが。

ポルトヴェネレの港

2月のチンクエテッレとポルトヴェネレは、閉店のレストランやお店が多いが、天気さえ良ければ散策を楽しめる。むしろこの時期の方がゆっくりと満喫できる。ハイシーズンの電車は嫌気がさすほどの混みようで、CNNが訪れてはいけない世界の観光地ベスト10に入れたぐらいの混沌具合である。だからこそ、オフシーズンはオススメなのです!

ブログランキングに参加しています。よろしければ、応援クリックお願い致します。

Share on facebook
シェア
Share on twitter
ツィッター

チンクエテッレとポルトヴェネレお問合せ

世界遺産チンクエテッレとポルトヴェネレを訪問するフィレンツェ発着ツアーです。チンクエテッレまで車で行きチンクエテッレは電車または船で、日本人ツアーガイドと行くプライベートツアーです。詳しくは、お問い合わせ下さい。

easyfirenzelogo

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。