モザイクの町ラヴェンナ

息をのむ美しさが圧巻のモザイクで飾られた、世界遺産・初期キリスト教建築物の町ラヴェンナを訪れるフィレンツェ発着プライベートツアーです。

ラヴェンナはモザイクの美しい教会郡で知られていますが、今の静けさからは想像も付かない、かつては西ローマ帝国、東ゴート王国が首都を置き、東ローマ帝国のラヴェンナ総督領の首府として栄えた町です。ラヴェンナで見ることの出来るモザイクは、世界で一番美しい唯一無二のビザンチン様式モザイクです。

1996年に世界遺産として指定された聖堂や礼拝堂は、この繁栄の時代に西ローマ帝国の皇妹皇母ガッラ・プラチーディア、東ゴート王国の王テオドリック東ローマ帝国ユスティニアヌス1世時代のラヴェンナ大主教マクシミアヌスの活動によって建設されました。750年までに、この街には60以上の聖堂が建設されたと伝えられています。ツアーで訪れるのは、世界遺産に登録されている6つの教会建築を訪問します。東洋と西洋が優遇したそれらの教会建築を飾る、モザイクを始めとした美しい芸術作品は必見です。

ツアーで訪問する世界遺産・初期キリスト教建築物
サン・ヴィターレ聖堂、ガッラ・プラチーディア廟堂、アリウス派洗礼堂、大聖堂付属(正教会)洗礼堂、サンタポリナーレ・ヌオーヴォ聖堂、大司教館礼拝堂、サンタポリナーレ・イン・クラッセ聖堂

hatenaラヴェンナのモザイクって?

モザイクとは、大理石、石材、ズマルト(ガラス質材)、金といった多色の素材の小片を組み合わせて造り上げられた絵のことです。従来のモザイク画はテラコッタ、小石、宝石の小片を使用していますが、ラヴェンナで見られるビザンチン様式のモザイクは、色とりどりの着色ガラスのテッセラ(細片)を組み合わせて造られています。ガラスに顔料を混ぜることで色彩の選択肢が広がるとともに、特に金色(ガラスに金の薄版を挟んだもの)のテッセラは堂内を一層煌びやかに、神々しさを表現することに成功しました。ガラスや金の小片はひとつとして同じ形がなく、それらが平面に不均一に置かれているため、光を反射して煌き輝きを増します。5世紀6世紀に、ローマやコンンスタンティノープル(イスタンブール)で、ラヴェンナと同等の素晴らしいモザイク作品が作られましたが、残念なことに、戦争などのためにほとんどが破壊されました。ラヴェンナは湿地帯だったということもあり、7世紀以降は町の時代から取り残されました。しかし、だからこそ世界で一番素晴らしい初期キリスト教時代のモザイクは、ラヴェンナに残っているのです。

昼食は、ラヴェンナでエミリア・ロマーニャ州の料理を召し上がっていただけるレストランへご案内致します。 写真は左からパンチェッタをバルサミコ酢で炒めてサラダに盛った「ブルチャティーニ」、写真中央のガルガネッリも写真左のカペラッチもエミリア・ロマーニャ州の特産パスタです。 美食の州と呼ばれるエミリア・ロマーニャ州、何を食べても美味しいさが伝わってきます。 (写真のレストランは、火曜日が定休日です)

バルサミコサラダ ブルチャティーニラヴィオリ

ラヴェンナにはフィレンツェ出身のイタリア最大の詩人ダンテ・アリギエーリの霊廟があります。フィレンツェから追放処分を受けたダンテは、ラヴェンナで安住の地を見出し、「神曲」を完成させました。外交使節としてヴェネチアへ向かう途中、客死してしまいます。フィレンツェはダンテの遺骨の返還を求めていますが、ラヴェンナはこれに応じず、フィレンツェが生んだ偉大なる詩人は今も静かにラヴェンナで眠っています。

ラヴェンナのお土産
ラヴェンナのお土産といえば、やはりモザイクでしょう。今も伝統工芸として盛んなモザイクは、作家たちの手で現代作品と生まれ変わり、モザイクで飾られたフォトスタンドやオブジェ、オリジナルのモザイクのネームプレートなどの商品は見ているだけでも楽しいです。

オブジェ写真立て看板

以上の全行程を、市認定ハイヤーNCC(運転手付き専用車)にてイタリア政府公認ライセンスガイドであるeasyfirenze.com代表市川朋子がご案内致します。
※世界遺産施設郡の中のサン・ヴィターレ教会、ガッラ・ピラチディア霊廟、アリウス派洗礼堂、サン・アポリナーレ・ヌォーヴォ教会、ネオニアーノ(正教)洗礼堂、聖アンドレア礼拝堂、ダンテ霊廟にご案内致します。

ツアー出発時間8時、到着時間18時を予定しております。
8:00 フィレンツェ発
10:30 ラヴェンナ着(昼食時間を含めて、約4時間訪問)
14:30 ラヴェンナ発
14:50 サンタポリナーレ・イン・クラッセ着(約30分)
15:20 サンタポリナーレ・イン・クラッセ発
18:00 フィレンツェ着
※フィレンツェ出発時間と各町での滞在時間は変わりませんが、各町での発着時間およびフィレンツェ帰着時間は交通事情により多少のずれが生じることがあります。
ご宿泊先の玄関先まで送迎致します。お申し込みいただく際に、送迎先をご指定ください。
料 金1名様 / 税込み)
人数 料金
(ドライバーのみ)
料金
(日本人ガイド付)
1名様 500ユーロ 565ユーロ
2名様 250ユーロ 285ユーロ
3名様 175ユーロ 195ユーロ
4名様 135ユーロ 155ユーロ
5名様 110ユーロ 125ユーロ
6名様 95ユーロ 105ユーロ
7名様 85ユーロ  
→ 今日の為替レート
上記の料金は、
  • (ドライバーのみ)運転手付き車代が含まれます。
  • (日本人ガイド付)運転手付き車代、日本人ツアーガイド代が含まれます。
  • 別途、昼食代と施設入場代が生じます。施設入場代は15,50ユーロです。(2017年1月現在)
  • フィレンツェ歴史地区発着です。歴史地区以外の発着の場合はお問合せ下さい。
  • 1月1日、5月1日、12月31日は割り増し料金となります。
  • 12月25日はツアーは実施されません。
ラヴェンアツアーフォーム ※フォームから問合せ・申込みができない場合は、お手数ですがメールにてお問合せ下さい。