home>オルチャ渓谷ツアー>

ピエンツァ

1996年に世界遺産に登録されたピエンツァは、アミアータ山を見晴らす海抜481mの丘の上にあります。オルチャ渓谷の丘陵地帯に建つこの町は、ルネッサンスが生んだ小さな宝石と呼ばれています。

ピエンツァ

ピエンツァは、1462年まではコルシニャーノと呼ばれる田舎の町のひとつでした。町の歴史は古く、古代ローマ時代までさかのぼり、9世紀にはコルシニャーノの城塞として知られボッカッチャの小説にも出てきます。

14世紀中ごろ、シエナで反対勢力により貴族ピッコローミニ家が国外追放され、一家がたどり着いた先がコルシニャーノでした。そして、何の変哲もない田舎町コルシニャーノの運命が変わったのは、1405年エネア・シルヴィオがピッコローミニ家に生まれてからでした。エネア・シルヴィオは、ピッコローミニ家に生まれた18人の子供のうち、唯一の息子でした。シエナの大学で文学を学び、各国を旅した後、1458年に53歳でピウス2世として、ローマ法王に選出されます。

法王になったピウスU世は、故郷の町を美しく生まれ変わらせたいと願いました。ただ単に美しくするだけではなく、自分の家族を追放した、ゴシック様式の建築物が華やかなシエナとは違う、ルネサンス風の洗練された理想郷を創造しようとしました。

当時の法王庁顧問建築家であり、ルネサンスが花開いたフィレンツェで活躍したレオン・ジョヴァンニ・バッティスタの弟子であったベルナルド・ロッセリーノに建築を命じます。予算を大幅に上回る工事でしたが、ピウスU世の「やってみよ」の一言で、1459年に建設が開始されました。

→ ピッコローミニ宮殿のHPで、改築前のコルシニャーノと改築後のピエンツァを見ることができます。

建設開始後、わずか3年で町は完成しました。ピウスU世は、古代ギリシア・ローマの古典を学ぶことによって人格形成を目指した人文主義者でしたが、人文主義の哲学にしたがって作られた理想郷は、ピウスU世の名をとり、「ピエンツァ」と名づけられました。

しかし、ピウスU世はこの理想郷を十分に楽しむことはできませんでした。1464年、ピウスU世は死去してしまったのです。そしてまた、建築家ロッセりーノも、同年、たった2ヶ月違いで死去しました。

半世紀が過ぎた現在もなお、ピウスU世の町ピエンツァは理想郷の名にふさわしく、その美しさで私たちを魅了します。

ピウスU世の死去30年後、コロンブスがアメリカ大陸を航海した際に、ピウスU世による歴史書「L'Historia Rerum ubique gestarum」(歴史に何が起こったか)を持って行ったといわれています。

プラトー門教会教会内部

町の入り口にあたるプラトー門をくぐると、町のメインストリート、建築家にちなんで名づけられたロッセリーノ通りが町を縦横に走っています。籠に生けられた花々が石造りの町並を美しく飾り、遠くからやってきた旅人を迎えます。

街角1街角2

通りの両側には、お土産屋、特産品であるペコリーノ・チーズ屋などがずらりと並びます。

ペコリーノペコリーノお店ジャム

お店の中には、灰の中や穴の中で熟成されたペコリーノ・チーズ、トリュフ入りのものなど、様々な種類のチーズが所狭しと並んでいます。チーズに合わすジャムも、梨や緑のトマト、薔薇、オレンジなど、こちらも種類が豊富です。

雑貨屋街角3お店ピエンツァ

何でもない雑貨、風景も絵になります。

キッチン用品ピチ

生ハムをささえる台やパスタ・キターラやピチを作る道具など、イタリアらしい雑貨は見ているだけでも楽しくなります。シエナ地方のパスタ・ピチも売っています。

ロッセリーノ通りと平行に走るカセッロ通りからは、オルチャ渓谷の雄大なパノラマが楽します。奥にアミアータ山も眺めることができます。

パノラマ2

via della fortunaロッセリーノ通りとカセッロ通りをつなぐ4つの小道に、おもしろい名前が付けらています。「幸運通り」「愛の通り」「キスの通り」、そして「暗闇の通り」。だれが名づけたのか、とてもロマンチックな名前です。

町では、5月には花の祭典が開かれ、町中が花で飾られ草木の販売が行われます。また、ミッレ・ミリアと呼ばれるクラッシック・カーのレースがピエンツァを通り抜けます。9月の第一日曜日、ピウスU世広場にてペコリーノ・チーズころがしの競技が行われ、1月には、机上でパンフォルテと呼ばれる円形のお菓子を投げる競技が行われるなど、一年を通じて、ピエンツァの町は賑わっています。

ペコリーノ転がし大会パンフォルテ大会