トスカーナ・アーモンドの郷土菓子ツアー

初春になると、トスカーナの田舎にはアーモンドの花があちらこちらで咲きます。春の訪れをもたらすアーモンドの花は美しいだけでなく、その仁は昔から郷土菓子の材料としても使用されてきました。ツアーは、3つの町にあるアーモンドを使用した伝統的な郷土菓子アマレッティ、チャルダ、ビスコッティのお店を巡ります。これらの町には、ルネッサンス初期・中期・後期にわたり美術史上でも興味深い作品を観ることもできます。

フィレンツェから車で約1時間、ツアーはまず葡萄畑、オリーブ林、糸杉とトスカーナらしい風景が広がる小さな村カルミニャーノを訪れます。人口1万5千人ほどの小さな村カルミニャーノには、アーモンドの粉を使って作ったアマレッティという一口サイズのお菓子があります。カルミニャーノには中世の時代から菓子組合が存在していましたが、今も地元の人に愛されるカルミニャーノのアマレッティ(Amaretti di Carmignano)は、この土地で三代続く菓子屋が19世紀末に考案したレシピから作られています。マジパンに似た味がする柔らかいお菓子です。

?カルミニャーノって?

カルミニャーノは、約300年前にイタリアで一番初めにワインの美味しい地区としてメディチ家に認定された歴史を持ち、古くからワイン用葡萄、オリーブなど、農業の盛んな土地として知られてきました。またメディチ家がカルミニャーノ周辺の4千ヘクタールの土地を狩りの領域としてして指定したことでも有名です。大量生産ではない手作りの美味しさのあるアマレッティに、美しい田園風景と、そしてカルミニャーノは乾燥イチジクでも有名なのです。8月頃からイチジクを収穫し、乾燥させます。10月中旬には乾燥イチジクが商品として販売開始されます。寒い時期、主にクリスマスに食べられ、翌年の春ごろまでが販売期間となります。季節であれば、村で乾燥イチジクも購入できます。またご希望で、乾燥イチジクの生産も見学していただけます。

後期ルネッサンス芸術
町にある聖ミケーレ教会には、ポントルモの『エリザベツ訪問』があります。神の意思で身ごもった二人の女性エリザベツとマリアの神秘的な出会いを、ポントルモらしい色使いの美しい一枚です。

10月中旬の週末は、乾燥イチジク祭りが開催されます。
12月初旬の週末は、土地の物産市が開催されます。
ビオディナミ農法ワイナリー・オリーブオイル農家も訪問に加えることができます。

乾燥イチジクポントルモ

次に向かうのは、モンテカティーニ・テルメです。この町には、アーモンドを使用したチャルダを売るお店があります。チャルダとは、円盤型をしたウェハーです。1936年に生まれたモンテカティーニのチャルダは、見た目は炭酸せんべいに似ています。モンテカティーニ・テルメは有数の温泉地ですから水質も独特ですが、モンテカティーニのチャルダは温泉水を使用しているのが特徴ではありません。ほんのりとした上品な甘さに美味しさの秘訣があるのです。薄いウェハーの間に挟まれたアーモンドが美味しさを引き立て意外な驚きです。

?モンテカティーニ・テルメって?

モンテカティーニ・テルメは、そのテルメという名前が示す通り、温泉で有名な町です。入浴するプール式浴槽もありますが、飲泉でも知られています。

チャルダモンテカティーニ

昼食は、ピストイアの町でご自由に召し上がっていただきます。

?ピストイアって?

ピストイア県はアペニン山脈を含む地帯ですので、アペニン山脈で採れる小粒のブルーベリーが知られています。ブルーベリーのジャム、リキュールなどの商品があります。またソラーナの白豆もI.G.P(保護指定地域表示)でありスローフード認定食品です。

初期ルネッサンス芸術
ピストイアの聖アンドレア教会には、ジョヴァンニ・ピサーノによる生き生きした表情がルネッサンスの始まりを感じさせる素晴らしい説教台があります。

ブルーベリージョヴァンニピサーノ

食後は、プラートを訪れます。フィレンツェのお隣の町、繊維の町としても有名なプラートは、皮付きアーモンドの粒が入ったビスコッティ・ディ・プラートで有名です。

?プラートって?

プラートは、昔から商人の町として発達しました。中世の商人は覚書を多く残しましたが、その中でももっとも充実した資料が残っているのは、14世紀のプラートの商人フランチェスコ・ダティーニのもので、彼の家が小さな博物館として残っています。プラートの商人といえば、12世紀に生きたミケーレ・ダゴマーリもプラートにとっては重要な人物です。彼は巡礼の旅先エルサレルで結婚し、妻の持参品として故郷へ持ち帰ったのが聖遺物『聖母の腰帯』です。現在、聖遺物はプラートのドゥオモに大切に保管され、年に5回だけミケロッツィとドナテッロの手による外部に設置された素晴らしい説教台からお披露目されます。

プラート周辺には多くのビスコッティ屋が存在し、柔らかめ・硬めなど、それぞれの特徴のあるビスコッティを作っています。その中でも特に有名なのがアントニオ・マッテイ社です。

プラートにはビスコッティ以外にも、ペスケ・ディ・プラートと呼ばれる桃の形をした洋酒を使ったお菓子があります。プラートで一番美味しいお菓子屋で伝統的なお菓子ペルケ・ディ・プラートを試してください。中に入ったクリームが絶品です。

中期ルネッサンス芸術
ドゥオモには、フィリッポ・リッピによる『洗礼者ヨハネの物語』を描いたフレスコ画、付属美術館にはボッティチェッリの十字架やミケッロッツィとドナテッロの手による説教台オリジナルが展示されています。

ペスケフィリッポリッピ

以上の全行程を、メルセデス・ベンツの市認定ハイヤーNCC(運転手付き専用車)にてイタリア政府ライセンスガイドであるeasyfirenze.com代表市川朋子がご案内致します。

ツアー出発時間8時30分、到着時間17時を予定しております。
8:30 フィレンツェ発
9:30 カルミニャーノ着(1時間訪問)
10:30 カルミニャーノ発
11:15 モンテカティーニ・テルメ着(30分訪問)
11:45 モンテカティーニ・テルメ発
12:15 ピストイア着(昼食時間を含めて、2訪問)
14:15 ピストイア発
15:00 プラート着(1時間30分)
16.30 プラート発
17:00 フィレンツェ着
※時間はあくまで目安です。各町での発着時間およびフィレンツェ帰着時間は交通事情により多少のずれが生じることがあります。
上記は基本のモデルプランです。ご希望でアレンジ可能です。
使用する車は市の公式ハイヤー免許を保有しますので、ご宿泊先の玄関先まで送迎致します。
お申し込みいただく際に、送迎先をご指定ください。
 料 金 (1名様 / 税込み)
人数 料金
(ドライバーのみ)
料金
(日本人ガイド付)
1名様 340ユーロ 395ユーロ
2名様 170ユーロ 200ユーロ
3名様 120ユーロ 140ユーロ
4名様 95ユーロ 110ユーロ
5名様 80ユーロ 90ユーロ
6名様 70ユーロ 80ユーロ
7名様 65ユーロ  
→ 今日の為替レート
上記の料金は、
  • (ドライバーのみ)運転手付き車代が含まれます。
  • (日本人ガイド付)運転手付き車代、日本人ツアーガイド代が含まれます。
  • 昼食代、施設入場代(任意)は含みません。
  • 1月1日、8月15日は割り増し料金となります。
    ただし、宿泊を含むツアーに組み入れた場合は追加料金は生じません。
  • 12月25日はツアーは実施されません。
  • フィレンツェ歴史地区発着です。歴史地区以外の発着の場合はお問合せ下さい。
ツアーフォーム ※フォームから問合せ・申込みができない場合は、
お手数ですがメールにてお問合せ下さい。