青空の下のサンガルガーノ修道院

モンテシエペ礼拝堂外観

天気の良い7月のツアーは、屋根のない修道院サンガルガーノへ。と、その前に、まずはお隣にあるモンテシエピ礼拝堂を訪れた。

モンテシエペ礼拝堂内部

ここには、サンガルガーノの岩に刺さった剣がある。

礼拝堂天井

白とレンガの2色使いの礼拝堂の天井は、これが12世紀に造られたのかと感心する見事さである。素朴であるが、美しい。

猫

いつも多くの猫が徘徊している。野良猫なのか、司祭館で飼われているのかわからないが、ポーズをとる猫。かわいい♪

オリーブの木

振り向くと、オリーブの上に置物のような猫。色合いも、すごくぴったり。彼のお気に入りの場所なのだろうか。

サンガルガーノ

モンテシエピ礼拝堂を後に、サンガルガーノへ向かう。

サンガルガーノ修道院内部

いつ来ても、不思議な力を感じる場所。

側廊アーチ

このアングルが好き!朝の光の中、整列した柱が美しい。

窓

窓から、モンテシエペ礼拝堂が見える。

空

上を見上げると、青空!緑に生い茂る木がこちらを覗き込んでいる。教会の建築当初には植えられていたのだろうか?途中から生えたにしても、今では教会を超える高さに成長した木。廃墟と緑は、ラピュタのイメージ。はたまた、夏草や 僧侶どもが 夢の跡と、グレゴリオ聖歌が歌われていた昔を思い浮かべてみる。

柱頭

光が作る陰影は、その一瞬の美しさ。永遠に刻まれたアカンサスの葉が輝く一時。

二連窓

二連窓って、美しい。修道院の光と影の強調にひどく魅かれ、懐かしい気もするのは、私って昔、修道士だった?なーんて・・・。

ブログランキンに参加しています。よろしければ応援クリックお願いいたします。
Share on facebook
シェア
Share on twitter
ツィッター
easyfirenzelogo