8月 現る大地 オルチャ渓谷

8月も半ば
かつては緑、黄金色と移り変わった畑は
まるで砂漠のような姿となる。

オルチャ渓谷空

耕されるのを待つ波模様の畑

波の合間にぽつんと
ひとりぼっちの木。

あの木、何の木?樫の木なのかな?

オルチャ渓谷の1本の木

行儀の良く並んだ干し草ロール
回収されるのを待っているのか。

そろそろ夏の風物詩ともお別れ

オルチャ渓谷の干し草ロール

夏の終わり特有の寂しさでしんみりする目の前を
さっそうと自転車の団体が通り過ぎる。
風を切って、気持ちよさそう。
この先は、上り坂。気合いを入れて!

オルチャ渓谷の自転車

雲の影が、急ぎ足で通り過ぎると
午後の太陽がまた、露わな大地を容赦なく照りつける。

オルチャ渓谷の土

土色、飴色、松葉色
グラデーションをなす大地に
くっきりと濃い緑の糸杉
浮かぶ雲が流れ行く

一枚の絵の出来上がり。

オルチャ渓谷

折り重なる丘の向こうに
遠く、アミアータ山が見える。

オルチャ渓谷道

ストラーダ・ビアンカ
夏の日差しに眩しい白い道が続く
あの丘を越えて、どこへ行こう?

ブログランキンに参加しています。よろしければ応援クリックお願いいたします。
Share on facebook
シェア
Share on twitter
ツィッター
easyfirenzelogo

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。