雨上がりの空に@オルチャ渓谷

本日、終日、雨の予報の南トスカーナ。
どうか、少しでも太陽が出ますようにと
どんよりした雲の下の神だのみ。

オルチャ渓谷の大地

一つ目の村で教会を訪れた後、雨雲を押し避けて少しばかりの青空が。
秋晴れとはいかなかったのが残念だが、
差し込む光が、『これで、どうだ?』と言いたげに湿った大地を照らす。

オルチャ渓谷と糸杉

再び雲に覆われた空の下、
防風林か、境界線か、まっすぐに伸びる糸杉並木
くねる道は、どこに続くのか。

オルチャ渓谷のオリーブの木

重なり合うオリーブの葉、銀色に光り
秘密の花園ならぬ、秘密のオリーブ林
この奥には何が隠されている?

トスカーナの糸杉

オルチャ渓谷の顔である、いつもの糸杉も
雲の間から覗いた太陽の光で、
いつもと違った顔を持つ。

オルチャ渓谷

畝りながら広がる丘陵地は、洒落者だ
春には緑に、夏は麦藁色に、秋は黄土色にと
季節ごとに衣替え

モンタルチーノ

雨上がり、濡れた石畳の通りを歩く。
冷たさが増した午後、高台の村で
風になびく勝利の旗も寒そうである。

ブログランキンに参加しています。よろしければ応援クリックお願いいたします。
Share on facebook
シェア
Share on twitter
ツィッター
easyfirenzelogo

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。