アルノ川を眺めながらアペリチェーナ

アルノ川沿いにあるウェスティン・エクセルシオール・ホテルの最上階のレストランでアペリチェーナをした。

アペリチェーナとは、食前酒(アペリティーヴォ)1杯でブッフェ形式で軽食ができるというもの。軽く食べたい時は、お得なチョイスである。選ぶ飲み物でお値段が若干変わるが、だいたい1杯で10ユーロ前後。軽食は、パスタやスペルト小麦のサラダ、一口ピッツァ、チーズ、グリル野菜など、冷たくなっても大丈夫なものがほとんどではあるが、軽食と思えば十二分である。
 
本日のアペリチェーナの場合は、お一人様20ユーロの一律料金。飲み物は、メニューから好きなものを選べる。
 
アプリセスト
 
こんな感じ。3度取りに行ったが、ちょっとずつ違う品が提供されていた。ブッフェなのですごーく美味しいわけではないが、まぁアペリにしては悪くはない 
 
食事だから赤ワインを。私はカステッロ・ディ・フォンテルートリを選んだ。なぜなら、メニューにある赤ワインの中でも生産地区だけでなくワイナリーの名前が書いてあるので間違いがないだろうと思ったから。
 
アルノ川の景色
 
ここはホテルの最上階なので眺めが素晴らしい。わたくし、食べるのに夢中でこの1枚しか写真に撮りませんでしたが、この後、空の色と雲の形が時間とともに変化してとても綺麗と、友人談。川の流れる街は情緒があって素敵だなぁ。
 
アペリができるスペースは、レストランの右側のテラス。風のある日は、テラスの屋根の下だと風が通るので屋根のない席がお薦めです。19時から21時まで(多分21時までだったと思う)で、席に限りがあるのでなるべく早めに行かれるのが良いかと思います。
 
アペリチェーナに1杯付いているが、さらにという場合も可能である。メニューに準じたお値段で注文できる。私はフィレンツェ生まれのカクテル『ネグローニ』をいただいた。ジンとカンパリとベルモットでございます。
 
アペリチェーナではなく1杯飲みたいという場合は、22時45分と中途半端な時間までやっております。この場合、レストランの左側にもテラス席があるのですが、その席がフィレンツェの歴史地区中心地が見える側になります。素晴らしい景色と同時に、エロジジィと綺麗なお姉さまのカップルなんていたりして笑えるっす。女性を口説くには、素敵なシチュエーションである。
 
夜のテラス席で1杯飲んでも大丈夫なくらい気温が上がったフィレンツェで、どうぞ夏の夜をお楽しみ下さいませ。とはいえ、この日、寒がりの私はウルトラライトダウン着てましてん。
 
Se Sto on arno
The Westin Excelsior Hotel
Piazza Ognissanti 3

ブログランキングに参加しています。よろしければ、応援クリックお願い致します。

Share on facebook
シェア
Share on twitter
ツィッター

●ツアーガイド、添乗員のご依頼、ご質問などございましたら、お問合せください。

easyfirenzelogo