クレテ・セネージとオルチャ渓谷写真ツアー

オルチャ渓谷

多くの方がイメージするオルチャ渓谷は、緑の絨毯の丘陵地であろう。しかし、一面が緑になる期間は間も無く終わる。秋に種を蒔いた小麦が育ち、3月ごろには少し緑が戻ってきたかなと感じ、4月中旬から5月中旬までの1ヶ月ほどが緑の絨毯になるのである。青麦が風に揺れるというのは、5月中旬ごろ。5月末は、最後に残った緑を楽しむ。

小麦

一面の緑の季節が終わった、残念!と、思ったのも束の間、5月末のオルチャ渓谷は黄金色の穂が眩しい素晴らしい小麦畑が広がる。

丘陵地

緑と金色が混じって、本当に綺麗!写真では表せない美しさである。この微妙な色の変化も数日で終わってしまうという儚さ。これが隠し味となってさらに美しい。

景観

牧草を刈った後が線を引いたようで面白い。緑の絨毯の時期も、緑のグラデーションがあって綺麗なのだが、今ほど賑やかな色合いになる時はない。初夏になるといつも思う。やっぱりこの時期が一番好きかも、と。緑の季節が終わって残念と思った後に思いがけない自然の贈り物に思えるからだろうか。

オルチャ渓谷を満喫した後は、オルチャ渓谷とシエナの間に広がるクレテ・セネージへ。今日は少し時間をずらしてフィレンツェを出発したので、午後の柔らかい光を求めてクレテには19時過ぎに到着。

クレテ

クレテ・セネージは知名度が低いのが残念である。小さな丘陵地が重なり合い、丘を縁取る糸杉が並び、雨風にさらされた岩肌が見える、オルチャ渓谷よりも若干荒々しさがあるかもしれない。オルチャ渓谷の方がエレガントなのかな。しかし、ここもまた、負けてはいないほど美しいのである。

糸杉

ゆるくカーブをなす道は糸杉が並ぶ。糸杉の濃い緑が印象的。

夕暮れ

夕暮れの日を浴びて、大地の色が変化するのも素敵。

シエナシルエット

遠くに見えるのは、シエナ。

フィレンツェ在住の私にはちょっと悔しいが、トスカーナで一番美しい県はシエナじゃなかろうか・・・と密かに思うのである。

ブログランキンに参加しています。よろしければ応援クリックお願いいたします。
Share on facebook
シェア
Share on twitter
ツィッター

オルチャ渓谷ツアー

ツアー料金はお申込み人数で異なります。2名様以外の場合は、ツアーページをご覧いただくか、お問合せください。 別途、昼食代、施設訪問代(任意)が生じます。

easyfirenzelogo