12月のオルチャ渓谷

木枯らしが吹く12月、寂しさも感じる中、少しずつ丘陵地に植えられた小麦が芽吹き、緑を蘇らせる時期です。丘陵地に射す低い陽光が、丘の連なりの明暗を際立たせ、この時期でしか見ることのできない美しさを表現しています。

冬のオルチャ渓谷

冬の陽光に輝くオルチャ渓谷

冬の晴日は、朝夕の気温の差で霧が出ることがある。今朝はフィレンツェのドゥオモの赤い丸屋根がすっぽりと霧の中。うっすらとかかる霧のフィレンツェを後に、オルチャ渓谷へ。 吹く風は冷たいが、気持ち良く晴れ渡る空の下、長い影を落 […]

夕暮れ

年末のオルチャ渓谷

12月中旬の雪で一時はフィレンツェも交通が麻痺し、続いて連続の雨で土砂崩れがあり道路が封鎖になったりと大変だったが、年末は天気のよい日が続いている。落ち着いた年末・年始が迎えられそうだ。 そんな一日に、仕事でオルチャ渓谷 […]