home>オルチャ渓谷ツアー>

.バーニョヴィニョーニ

オルチャ渓谷の南に位置する標高約1,700mの火山アミアータ山の影響で、この周辺は温泉がいくつか存在しますが、バーニョヴィニョーニもオルチャ渓谷の温泉町のひとつです。

古代ローマ時代から温泉として利用されており、シエナの聖女カタリア、ローマ教皇ピオ2世、メディチ家ロレンツォ・イル・マニーフィコなどが訪れたという記録が残っています。

バーニョヴィニョーニの水槽

普通、イタリアの町の中心には広場があるのですが、この町は広場の変わりに大きな水槽があります。16世紀に作られた、49m×29mの大きさの水槽には、1,000mの地下の源泉から湧き上がる52℃の湯が注いでいます。泉質は、カルシウム・マグネシウム炭酸水素塩泉です。

町町

とても小さな温泉町バーニョヴィニョーニは、中世の佇まいのまま保存されています。18世紀になり、町に初めて温泉を利用できるホテルが建ちました。現在も町にある1軒のホテルにて、温泉プールを日帰りで利用でき、打たせ湯もあり、泥マッサージを受けることもできます。

→ Hotel Posta MarcucciのHPへ

バーニョヴィニョーニの源泉1バーニョヴィニョーニの源泉2

町のはずれには、温泉のお湯を有効に利用しようと、源泉が沸き起こる町の中心の水槽から敷かれた水路といくつかの水槽が見られます。暖かい湯を滝のように流し落とすことで温度を下げ、温泉以外の目的に使用していました。50年代まで、この水流を利用して水車を動かしていました。ここから、オルチャ川とテンテンナーノの要塞、オルチャ渓谷のすばらしい田園風景が眺められます。