フレスコ画体験教室

壁画装飾のひとつであるフレスコ画とは、消石灰を主原料に骨材(砂等)を調合した漆喰を壁に塗り、この漆喰が生乾きのとき、要するにフレスコ(新鮮)なときに、水で溶いた顔料(耐アルカリ性)で絵を描くことです。こうすることで化学反応が起こり、発色がよく耐久性のある壁画が生まれたのです。

フレスコ画が発展した町フィレンツェで、イタリア人画家から学ぶフレスコ画体験2日間コースです。

コースの流れペン
1日目ライン
まずは、先生から作業の説明をききます。
作業1 前日に先生が用意した下地(アリッチョ)を土台に塗ります。
作業2 お好きな下絵を準備します。下絵に必要な写真や絵などをご準備下さい。
作業3 色の準備をします。
2日目ライン
作業4

漆喰を上塗りします。

 

作業5 漆喰の上に下絵を貼り、ペン先で漆喰に穴を開けます。
作業6 漆喰が乾かないうちに(約1時間)、色を塗ります。
作業終了後、フレスコ画を乾かします。作業後、すぐにお持ち帰っていただけますが、この場合は丸型ケーキを運ぶように気をつけて運んでください。または同日の午後17時以降に取りに来ていただくこともできます。郵送も可能ですが、この場合は別途郵送料が生じます。

先生が準備するものペン

土台(大きさはその時々で変わります。お申込み後、わかり次第ご連絡致します)、漆喰、ピグメント(色)、下絵用の紙、筆、鉛筆、キャンバス

線

生徒が準備するものペン

絵または写真など下絵の参考となる資料。参考となる絵を使用せずにフリーハンドで描いていただいても結構です。
※アトリエには絵の参考にしていただける資料はございません。

線

先生のプロフィールペン

フランチェスカ

フランチェスカ・タンゴッチ
1969年フィレンツェ生まれ。フィレンツェの美術アカデミー校卒業。その後、様々な工房にて画家として活動、1971年に自身の現在のアトリエを開業し、肖像画、複製画などを製作しています。ほか、個人邸宅へ赴き、要望に応じてルネッサンス風のまたは現代風の題材を用いた壁画の仕事にも携わっています。
先生のホームページへ矢

フィレンツェ美術アカデミーとは?
メディチ家コジモ1世によりアカデミア・デザインが設立されたのは1563年のことです。設立当初はミケランジェロが名誉会長として迎えられました。その後1784年に美術アカデミーとして生まれ変わり、現在もフィレンツェの名門美術学校として存在しています。

 

コースは午前9時からフィレンツェのサンタ・クローチェ広場近くのアトリエで開催されます。
所要時間は2日間、1日につき約3時間です。しかし、各生徒の技術の違いで進み具合に多少ずれが生じます。
 

ライン

 料 金(税込み)
人数 料金(1名様)
1名様 240ユーロ
2、3名様 120ユーロ
上記の料金は、
  • 講師代、材料費を含みます。
  • コースは基本的にイタリア語です。日にちによっては英語のアシスタントが無料で付くこともあります。
    日本語アシスタントが必要な場合は、上記料金にアシスタント代30ユーロ(1日に付き)の追加料金でご用意致します。
フォーム ※フォームから問合せ・申込みができない場合は、 お手数ですがメールにてお問合せ下さい。