11月の旬!白トリュフを堪能

トリュフ

トスカーナ州の町サン・ミニアートは、ピエモンテ州アルバと並ぶ白トリュフの産地です。トリュフには白、黒、ビアンケット(外見はしろトリュフ、中身は黒トリュフ)など、いろいろな種類がありますが、イタリアの山岳地帯であれば、多くの土地で見つけることができます。しかし、世界でも高品質のトリュフ、特に白トリュフはトスカーナ州サン・ミニアートトとピエモンテ州アルバのみで採集できます。トリュフの産地といわれる場所以外で見つかったとしても、トリュフ独特のよい香りがありません。
特に、サン・ミニアートでは過去に世界一大きな白トリュフが産出され、アメリカの大統領が購入したという記録も残っています。

10月から12月中旬にかけて、黒トリュフよりもずっと香りが高い白トリュフが採れる季節です。
トリュフとは、一体、どんな味?美味しいの?トリュフ犬って?と疑問に思われる方、一度、本場のトリュフをお試し下さい。もちろん好き嫌いはありますが、好みの方は虜になります。

 

白トリュフ

白トリュフ

白トリュフ

 

ほか、以上に掲載されているツアー以外にもご希望に沿ったプランをアレンジすることも可能です。